電子書籍出版 楽しみながらマネタイズ

三日坊主 PCオンチ 時間がない お金もない ・・・そんな人にもオススメ

ズルしなくても 無名でも ランキング1位になれる理由とは

f:id:acco-contents:20210913195157p:plain

ここだけの話、私、Amazonのカテゴリーランキングで1位になりました!

Amazonで1位。

これってすごく嬉しいし、

テンションも爆上がりです。

次の書籍を作りたい気持ちがグングンわいてきます。

 

ここまで読むと、ただのジマンをしているだけの

何だかイヤなヤツのブログっていう感じですネ。笑

 

・・・続きも読んでくださいネ!笑

あなたもランキング1位になれるカモ!

実は、Amazonで1位を取るということは、

多くの人に叶えられる可能性があり、

再現性もあり、

その高い確率も平等に与えらえていると思っています。

なぜならば、

無名で実績もない、個人の私でも達成できたのだから。

どうしてみんなが1位になれると思うのか。

その理由。

Amazon様はフレッシュなものに優しい

私は自作のkindle電子書籍Amazonのプラットフォームに

置かせてもらっています。

その「プラットフォーム」

という所が最大の理由だと思います。

本屋さんでは新刊を目立つ所に置いてくれる

ネット上の書籍として考えると

いまいちピンと来ないかもしれませんが、

現実に存在する「本屋さん」に置き換える。

本屋を営む人を「自分」として置き換える。

このようにイメージするとわかりやすいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その本屋さんには、たくさんの本が売られています。

有名な作家さんの本。参考書。漫画。絵本。写真集・・・。

とにかく色々な種類の本が所狭しと並んでいます。

 

ある日、新しい本が納品されてきました。

 

あなたはその本をどこに並べますか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私の場合は「目立つ場所」に置きます。

理由は、

新しいその本を買う人がいるかもしれないから。

 

・・・これって、他のお店にはない、

本屋さんならではの特性でもありますね。

もしもスーパーで売っている食品だったら

自分の商品は一番後ろに置かれるかもしれません・・・

再現性の根拠

私は実際に書籍を出版して

この「再現性」というものも感じています。

3冊書籍を出版して

3冊とも1位を獲得することができました。

最初の書籍出版の時に「1位」を見たときには

正直、何かのエラーかと思っていました。笑

でも、、

次も1位

また次も。

だから、みんなにも叶えられる可能性が高いカモ!

と思っています。

すぐスクショを!
・・・そんなに甘くもないという事実

これから電子書籍出版を考えている人にも

是非とも知っておいて欲しいことがあります。

それは、

1位でいられるのは一瞬かもしれない。

ということです。

素晴らしい書籍や、人気の書籍の場合は話が変わりますが

私の場合は一瞬でした。

数日間、白昼夢を見ていたようなキモチです。。。

1・2冊目とも、後からスクショしようと思ったら

そこには驚きの順位が待っていました。。泣

 

そして、

これから出版をする時には

マメにチェックをしよう!

と強く思うのでした。

「出版してるけど1位になったことないヨー」

と思っている人も

もしかしたら、出版直後の書籍が新鮮な時には

1位だった可能性も十分考えられますね。

今後のモチベーションとご褒美

書籍で順位を気にするのって

正直本当は必要ないことかもしれないナ、、

と思うこともあります。

賛否もモチロンあると思いますが

私の場合は

次へのモチベーションになったり、

Amazonさんに

「書籍づくり頑張ったネ!」

と、褒めてもらっているような

嬉しいキモチになります。

勝手に。笑

 

今は電子書籍を誰もが制作出版できる時代です。

こんな環境にいられることって本当に幸せですネ。

 

多くの人に書籍制作の楽しさを知ってもらいたいです。

それと、

スクショはすぐにするべきだ!

ということも知ってもらいたいです。

 

ではまた。