電子書籍をつくるブログ

電子書籍が、あなたのビジネスを応援します。

【電子書籍】【アフィリ】Amazonアソシエイト・審査があるって知らなかったヨ。そこから生まれた私の仮説。

f:id:acco-contents:20211105015922p:plain

 

あなたのビジネスを元気にする電子書籍

それを自力で元気に作りたい人を、元気に応援している人、あっこです。

 

Amazonkindle本を出版? Amazonはモチロン知ってるよ!

 だって、Amazonアソシエイトの審査を、

 何回もチャレンジしてますからーーー!」

 

という人のことも、もちろん応援しています。

 

Amazonアソシエイトでの、アフィリエイト、していますか?

私は、一応登録しています。

 

この、Amazonアソシエイトって、審査があるって知っていましたか?

今日の私は、知っています。

でも、昨日までの私は、知りませんでした。笑

 

コチラがAmazonアソシエイトです。

affiliate.amazon.co.jp

 

昨日それを知った時に、すごい仮説と、

Amazonアソシエイトの審査をカンタンに突破する方法

f:id:acco-contents:20211105020316p:plain

 

コレを閃いてしまいました。

 

でも仮説。

でも、すごく言いたい。

このスゴいのかもしれない仮説。

 

そもそも、私はアフィリエイトの知識がまだまだ知識不足。

もしかしたら、

 

常識的に知られているコトなのかもしれないし、

ただの偶然なのかもしれません。

 

どうなんだろう?

どなたか知っていますか?

f:id:acco-contents:20211105020434p:plain

むしろ、逆に聞いちゃうくらいではありますが、笑

 

何回も審査が通らなくて困っている人には、

是非試してみて欲しいです。

 

もしかしたら、突破できるかもしれませんヨ!

 

困っている人のために、

ひょっとして、コレが突破口になってくれたら! 嬉しいです。

 

Amazonアソシエイトは、いつでも誰でも簡単に始めれる。」

f:id:acco-contents:20211105020712p:plain

昨日までの私は、こんな風に本気で思っていたんです。

 

それと、

Googleアドセンスは、何かスゴい人じゃないと審査が通らない」

というイメージも、持っていました。

 

それとそれと、

最近、Twitterでこんなつぶやきを見てから、とても困惑していました。

 

アドセンスが通った!次はAmazonアソシエイトだ!」

 

え?

 

どういうコトだろう?

そんなに気合い入れるモノ?

 

こんな風に困惑したのは、

知識不足に加えて、

 

Amazonアソシエイトは、やりたい人がいつでも簡単にできるもの」

 

という、全く疑いもしなかった、

ナゾの揺るがない固定概念。

それを持っていたのも原因のひとつです。

 

どうして私がそんな考えを持っていたのかというと、

 

厳しく審査をされた記憶がない。

f:id:acco-contents:20211105021223p:plain

コレなんです。

 

Amazonアソシエイトは、Amazonからのメールの誘導のままに、

行き着いた場所。

という気がします。

 

そして、名前とかを登録して、

しばらくしたら、「もう使ってくれて良いヨ」的なメールが届いて、

使えるようになっていた。

 

そこには

「苦労をして申請した」

「大変だった」

という記憶がないのです。

 

なぜそんなことが起きたのか。

 

いつもブログを読んでくださる方は、

私が何を書くのか、

 

すでにわかっているかもしれませんが

また、あえて書きますネ。笑

 

私の考えているコト。

 

それは、

 

Kindle本を出版していたから💗

f:id:acco-contents:20211105022002p:plain

電子書籍を数冊出版していたり、

書籍の販売実績でプラットフォーム側に

貢献することができていたりすると、

 

全然知らない人よりは、

Amazonさんは、あなたを信用して、期待もしてくれるのかも!!

 

しれません。

 

そんな風に考えています。

 

もしもどうしても、審査が上手くいかない時には、

作戦のひとつとして検討していただけると嬉しいです。

早く悩みが解決することを、

電子書籍の人」的な思想で応援しています。

 

電子書籍を出版すると、

広告収入だけじゃなくて、コンテンツの販売収入もありますヨ♪

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。

 

f:id:acco-contents:20211105022227p:plain

では、また!

あっこでした。