電子書籍をつくるブログ

電子書籍が、あなたのビジネスを応援します。

【電子書籍】準備はOK? AmazonのBLACK FRIDAY それとおしらせ。

f:id:acco-contents:20211121132221p:plain

こんにちは。

電子書籍の活用であなたのビジネスをもっと元気にするのを応援している人、あっこです。

Amazonアソシエイト行けたし、今はアレで忙しくてアレだから、書籍作っていられないんだヨネー!」

そんな人も応援しています。

 

そうです。

いよいよアレですね。

 

Amazon BLACK FRIDAY !!

f:id:acco-contents:20211121114808p:plain

先日、コンテンツブログの方に投稿しましたが、

よく考えたらこっちに投稿すれば良かったです。

画像がボンヤリになってゴメンナサイ。笑

あの時、私は血迷っていました。

accolog.blog

 

 

以前、Amazonアソシエイトの審査が通らない時の必殺技(あくまで現時点ではまだ妄想レベルの技です。)について、投稿しましたが、

Amazonアソシエイトをしている人は、

今まさに一生懸命になって、商品チェックやブログの整備をしていることと思います。

 

日々の努力が実を結び、良い結果が得られることをお祈りしています!

応援しています。頑張ってください!

 

念のためAmazonさんを、貼りつけておきますネ。

amzn.to

 

電子書籍も関係ありますヨ!

このBLACK FRIDAY、商品だけではなく、電子書籍もキャンペーンが開催されています。

 

Amazonには、「Kindle Unlimited」という、登録されているKindle本を読み放題できるプランがあります。

いつもはこのサブスク料金は¥980なのに、

今朝、こんなAmazonJPのTwitterを確認しました。

 

何?! 「3ヶ月99円」ですって?!

f:id:acco-contents:20211121121711p:plain

 

なんか、

ズルすぎませんか?!笑

 

でも、今までKindleUnlimitedに登録したことのない人は、

3か月間、たったの¥99で、登録されている電子書籍は読み放題です。

amzn.to

缶コーヒー1本よりも安い値段で、大量の教養が身についたり、

いろいろな情報が見に行けます。

漫画もありますヨ!

 

毎月¥980の人としては、ジェラシーと、複雑な気持ちで、何ともいえませんが、笑

本当に、けしからん!

 

オススメです!!笑

 

それと、他にも連絡があります。

 

最近AmazonKindleのストック冊数が増えました。

f:id:acco-contents:20211121123153p:plain

 

Kindle本は、データをパソコンやスマホにダウンロードして、

読むことができるものなのですが、

 

実は、書籍データのストック数に制限があります。

 

もしも端末の中の、書籍の本棚がいっぱいだと、

その中のどれかを削除しないと新しいものがダウンロードできない仕組みになっています。

 

その制限冊数が

少し前までは、マックス10冊まででした。

それが最近、20冊に枠が増えました。

 

今まで、新しい書籍をダウンロードするたびに、どれかを削除したり、

もう一度読みたくなって、またダウンロードしたり、

そういったことが多かった人にとっては、とてもありがたい変更です。

 

私の場合は、

いつまでも持っていたい書籍や、

何回も読みたい書籍が数冊あり、その分だけ、常に埋まってて動かない枠があったので、

新しい書籍を複数冊ダウンロードしたい時は、地味に大変でした。

とても嬉しいです。

 

それとそれと、お知らせがもう1個あります。

電子書籍を出版しました。

f:id:acco-contents:20211121131341p:plain



今、Amazonのレビュー中です。

問題なければ、おそらく明日にはKindleに置いてもらえるハズです。

 

タイトル:

電子書籍活用術】Kindle本出版 副業・ビジネスで稼ぐ人の3つの羅針盤

 

です。

 

良かったら私の著者ページを見に行ってくださいネ。

amzn.to

 

この書籍は、

特にブログなどで副業をがんばっている人のために、考えて作りました。

 

そんな感じで、

今日はお知らせと連絡がいっぱいありました。

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。

 

f:id:acco-contents:20211103082308p:plain

ではまた!

あっこでした。