電子書籍をつくるブログ

ゼロからつくる!副業ブログのためのKindle本!特化型Kindle出版!

【電子書籍】表紙リサーチの注意点。もしかして違くない? 見てるヤツ。。

f:id:acco-contents:20211205094830p:plain

電子書籍をつくって活用!

もっと稼いじゃおー!

と、張り切っている人を、張り切って応援している、あっこです。

 

「リサーチが大変で、時間もかかる! 次回作なんて、まだまだムリムリ!」

という人も応援しています。

 

表紙リサーチの注意点

f:id:acco-contents:20211205105501p:plain

電子書籍の表紙リサーチについて、

注意することがありました。

 

以前、

「しつこく執拗に」

と、お伝えしたリサーチについて、

今日もしつこくお伝えしたいことがあります。

 

これは、私が過去に経験した失敗のお話です。

思い当たる人もいるのかなぁ?

 

皆さんはきっと、大丈夫だと思います。

大丈夫だと思うけど!

 

気づいた時に受けるダメージが、少しでも小さくなるよう、

備えとして免疫力をつけておいてくださいね!

 

お役に立てていただけることがあれば嬉しいです。

 

魅力的な素晴らしい表紙がいっぱいある

f:id:acco-contents:20211205094514p:plain

 

自分の書籍を、より魅力的で目立つものにするために

表紙のリサーチも大切だというお話を以前お伝えしましたネ。

 

表紙って、本当に大切です。

文章がどんなに素晴らしくても、

 

表紙のイメージのせいで、ターゲットさんに届かない場合もあります。

 

そして、逆に、

 

目を引く表紙に気づいて、興味を持ってもらえる場合もあります。

 

そんな、重要な役割のひとつを担当している、表紙さん。

それをプロではなく、

個人で作る場合には、リサーチはとても大切です。

 

そのリサーチの仕方について、

注意すべきことがいくつかあります。

 

リサーチの流れとしては、

 

まずはamazonで販売されている、他の電子書籍の表紙を見る

自分の書籍に必要な要素や情報を抽出

制作

 

このような感じですよネ。

そこで確認すべきことがあります。

 

それは、

見る場所を間違えていませんか?

f:id:acco-contents:20211127132630p:plain

ということです。

 

amazonのプラットフォームでは、

「本」と「kindle本」は、

それぞれ別のカテゴリーで分けられています。

「本」ではなくて、必ず「kindle本」をリサーチするよう、注意が必要です。

 

f:id:acco-contents:20211205093044p:plain

 

検索窓でも、

いろいろ見たりしていると、

知らない内にカテゴリーが変わってしまっていませんか?

 

kindle本」であることを確認です。

 

f:id:acco-contents:20211205093834p:plain

 

ランキングのリサーチ結果が全然ちがう。

 

f:id:acco-contents:20211205100924p:plain

こちらは、「本」の売れ筋ランキングです。

 

f:id:acco-contents:20211205100704p:plain

そしてこっちは、「kindle本」の売れ筋ランキングです。

 

全然違いますよネ!

 

今のそれぞれの1位のタイトル概要は、

 

本は「解きたくなる数学」

kindle本は「お金の増やし方」

 

当然、どちらも購入している人もいますが、

表紙はもちろんのこと、

紙の本と、電子データの書籍では、

購入する人のタイプやニーズ、好まれるもの、人気があるもの、などなど、

様々なことに於いて、全然違うことがわかりますネ。

 

「えーっ! そんなの間違えないヨー!笑」

 

と思う人もいるかもしれませんが、

私は、

 

全然ちがうものを一生懸命研究して、時間の無駄づかいをした!

 

というウッカリでカン違いな、ホロ苦い経験があります。笑

 

しつこいようですが

これ、

本当に気をつけてくださいネ!

 

ミイラ取りがミイラにならないように気をつける

f:id:acco-contents:20211205103758p:plain

 

そしてもうひとつ注意することがあります。

 

リサーチをしていると、

絶対出てきます。

 

「読みたーい!!」

 

と思う電子書籍

すぐに読みたくなるかもしれないけど、時間のない時にはガマンです。

「この作業が終わったら読む」

などのルールをつくったりして、

 

自分の作業が最優先!

 

これを忘れないように気をつけて、

なるべく快適に順調に、制作作業を進めていくための工夫も大切ですネ。

 

(・・・でも、どうしても読みたくなったら、

逆にストレスと、集中できないともっといけないから、

読んでも良いと思います。笑)

 

 

 

 

今日も読んでいただき、ありがとうございました。

f:id:acco-contents:20211126151102p:plain

ではまた。

あっこでした。