電子書籍をつくるブログ

電子書籍をつくりたいとき、拾ってもらえるコトがあったら幸いです。

1日1回!○○するだけで、願いが叶う?!

f:id:acco-contents:20220210231954p:plain

 

自分のブログに特化した、電子書籍出版がしたい!

という人を応援している、あっこです。

 

「1日たった1冊! 出版するだけで、書籍が年間365冊も積み上げれます!」

それは、たぶんカンタンではないですネ!

 

【1日1回!○○するだけで、願いが叶う!】

注目されるコピーの考え方と、レパートリーを増やしたい方の

参考になることがあったら嬉しいです。

 

みんな簡単に夢を叶えたい!

f:id:acco-contents:20220210232609p:plain

今回の言葉も、とてもパワーのあるものです。

多くの人は、欲しいものをカンタンに、手に入れることを望んでいます。

 

幸せになることは、きっと、みんなの持っている願いですネ。

 

これがカンタンに、手に入れられるなんて!

 

と、この言葉には、人間の人間らしい部分に、強く働きかける、魔法のような力を持っています。

 

この文章テクニックを、

「簡単に願いが叶う呪文」

と、私は勝手に命名しています。

 

「うさんくさい」と思われるリスク

f:id:acco-contents:20220210232824p:plain

 

「1日1回!ボタンを押すだけで、プルップルの赤ちゃんのような肌に!」

「毎日5分聞くだけで、英語ペラペラ!」

「玄関に置くだけで、お金がドンドン入ってくる!」笑

 

このテの広告って、よく目にしませんか?

 

この「簡単に願いが叶う呪文」は、

気をつけないと、「うさんくささ」を感じられてしまう!

そんな、危険と隣り合わせの、取り扱い注意の言葉でもあるんです。

 

一度「怪しい」と思われたら、信頼ガタ落ち!

f:id:acco-contents:20220210233415p:plain

 

ラピュタの呪文のように、あまりにも強力なこの「簡単に願いが叶う呪文」は、

 

やたらと使ってはいけない!

 

本当は使わない方が良い、禁断の呪文なのではなかろうか?

 

特に、ビジネスを始めたばかりの人や、何者なのか社会的知名度のない人は。

と、私は考えています。

 

理由は2つ。

 

理由1:信頼残高ガタ落ち君!

もしも、このコピーを見て

 

「うさんくさい・・・」

 

と、少しでも思われたら、その時もしも、信頼関係が良好な状態の相手だとしても、

一気に信頼度が下がる危険があります。

 

信頼構築は、本当にコツコツと少しずつ積み上げていくもので、とても努力が必要ですよね。

信用を失うことは、一瞬で、カンタンにできてしまいます。

 

そうです。

これは、

 

「たった1回発言するだけで、カンタンに信頼を失うことができる呪文!」

 

になってしまう。

そんな恐れがある、チョー危険な、コピーでもあるのです。

 

 

理由2:受け取る側は、バカじゃない。

先ほどのような、様々なナゾのコピーを、みんなは日々、目にしています。

そこから、多くの人は本物を見極める、目が養われています。

 

よほどの上級者やプロじゃない限りは、中途半端な呪文は、全く通用しないと思う方が正常だと考えます。

 

自分のコンテンツや情報を、見てほしいがために、ヘタなアオりを入れてしまうと、そこは見透かされて、カンタンにスルーされる恐れがあります。

 

そうです。

これは、

 

「たった1回発言するだけで、カンタンにスルーされる呪文!」

 

のリスクも、あるのです。

 

 

でも言いたい! あの呪文!!

f:id:acco-contents:20220210233723p:plain

 

この言葉は、決して使ってはイケナイものではなく、

 

むしろ、堂々と発言できる場合には、見つけてもらって、興味を持ってもらうために、ジャンジャン使うべきとも考えます。

 

使うべき呪文と、そうじゃないもの。

そのちがいは、ただひとつ。

 

本当なのか、ウソなのか。

 

本当に、これだけだと思いませんか?

 

 

呪文の使い手になるべく、中身のコンテンツを磨こう!

f:id:acco-contents:20220210233851p:plain

 

タイトルや広告で、この呪文を使いたい場合には、

いつも同じことを言ってますが、中身が本当に大切ですよネ。

 

「カンタンに夢が叶う」

 

これを見つけて提供することができたら、受け取る人の、カンタンに夢を叶えるお手伝いができます。

 

この呪文が使えるような、ステキなコンテンツを、作れるようになりたいですネ!

 

 

読んでいただき、ありがとうございました!

f:id:acco-contents:20220126010040p:plain

ではまた。

あっこでした。