電子書籍をつくるブログ

電子書籍をつくりたいとき、拾ってもらえるコトがあったら幸いです。

サチコが教えてくれました。

f:id:acco-contents:20220218184820p:plain

 

副業ブログを、もっとイイ感じにしたーい!

電子書籍出版をしたい人を応援している、あっこです。

 

ルーマニアの図書館!

昨日、おどろきの発見がありました。

皆さんの記事も、実はどこかの国の図書館で、誰かが読んでくれているのかもしれません。

 

Google Search Console

f:id:acco-contents:20220218185033p:plain

 

これって活用していますか?

 

私はパソコンが苦手で、ナカナカ理解が追いつかず、

正直、コレ系のことは後回しにしています。

いつかは、ちゃんと理解を深めようとは、一応思っています。

 

昨日、それでもちょっと確認したいことがあり、慣れない手つきでモタモタしながら、このサチコで調べ物をしました。

 

そこでこのようなリンク元を発見しました。

 

「digibuc.ro」??

見覚えのある元サイトの中、

これだけは、今まで見たことのない、何語なのかさえわからないサイトです。

 

何とそこでは、9個のリンクを貼ってくれている模様でした。

 

「怪しいし、怖いヨ、、」

 

詳しくないと、余計に怖いと思ってしまいます。

 

そこで、このサイトのことを調べることにしました。

このサイトは・・・

Biblioteca Digitală
a Bucureştilor

でした。

 

 

日本語訳で、

 

ブカレストデジタルライブラリ」

 

ルーマニアの、ブカレストという首都にある、デジタル図書館でした。

 

このサイトは、ブカレスト市庁舎のサポートにより運営、ブカレストメトロポリタン図書館によって開発されている、ちゃんとしたサイトのようでした。

 

お問い合わせ先や、住所も表示されています。

ちなみに住所は、ブカレストメトロポリタン図書館の専門サービス本部で、

電話番号も記載されています。

 

少なくとも私よりは

ちゃんとしているっぽい、感じがしますよね。

 

 

ナゼ私の記事が?

f:id:acco-contents:20220218185716p:plain

 

これが一番ナゾでした。

 

このデジタル図書館には、とても膨大な量の書籍やブログ記事、様々なものが、日々集められているようです。

 

それでも、無名で、強くもないブログの記事が、こんなに取り上げてもらえるのはナゼなのか。

 

今のところわかったコトだけですが、

こんな理由を見つけることができました。

 

理由1:はてなブログだから

ブカレストデジタルライブラリの検索項目に、

はてなブログタグ」

というものが存在しました。

 

ルーマニアの図書館は、はてなブログにも、情報を探しに来てくれているんですね!

おどろきました。

 

ルーマニアで、はてなブログの記事が読まれています。

 

理由2:ペーパーバックだから

検索項目の更に細分化したものの中に、

 

「#ペーパーバック」

 

というものがありました。

 

そのカテゴリーの中に、私のペーパーバック関連の記事も、数記事ピックアップされていました。

もちろん、他の方のペーパーバック関連の記事も、確認することができました。

 

ナゾがとけて良かったです。

スッキリしました。

 

ルーマニアが好きになった!

f:id:acco-contents:20220218185936p:plain

 

私は単純です。

これを知って、急にルーマニアの人たちが好きになりました。笑

 

今回、ペーパーバック記事ではないものも、数記事、どこかのカテゴリーでリンクを貼ってくれているようでしたが、全部は確認していないです。

 

はてなブログで良かった!

 

キーワードが引っかかってくれて良かった!

 

ルーマニアの人が、ペーパーバックにも興味がありそうだと、

本部サービスの人、あるいはツール? が、思ってくれて嬉しい!

 

ルーマニアの人が、もしかしたら、私の記事を読んでくれているのかもしれない。

ペーパーバックに、同じようにチャレンジしている人かもしれない。

その人も、私たちと同じように、毎日がんばっている人なのかもしれない。

 

今回、以外な事実を知ることができて、

ルーマニアに、勝手に親近感を持ち、好きになりました。

 

あなたの記事も、まさかの意外な国の人が、楽しく読んでいるのかもしれませんね!

 

 

 

読んでいただき、ありがとうございました!

 

f:id:acco-contents:20220211182804p:plain

ではまた。

あっこでした。