電子書籍をつくるブログ

電子書籍をつくりたいとき、拾ってもらえるコトがあったら幸いです。

どうする? ジ〇〇orタ〇〇。 あなたはどっちが好きですか?

f:id:acco-contents:20220221222242p:plain

 

自力で特別な電子書籍をつくって、大切なブログで活用したい!

応援してます! あっこです。

 

実は、最初の書籍制作方法が未来に大きく影響する。

 

ぶっちゃけ、

電子書籍の制作出版って、大変そうですよね。

 

そういうイメージが持たれがちではありますが、初めての電子書籍こそ、ゼロから自力で制作出版することを、オススメしている私です。

 

あえての自力!

全部自力でつくっちゃおー!

 

そこにはいくつか理由がありますが、その中のひとつ、他力との関係性について。

です。

お役に立てていただけることがあったら嬉しいです。

 

 

自力には大きな意味がある。未来が全然ちがうものに。

f:id:acco-contents:20220221222914p:plain

 

電子書籍の制作出版については、さまざまな外注業者さんがいます。

 

  • 文章構成
  • 表紙作成
  • 文章添削
  • マルっと全部請負

 

などなど、とても便利でありがたいサービスが、いっぱいありますよね。

しかも、お値段もピンキリで、

ビックリするような安価でお願いできる外注さんもいます。

驚愕の高額で、依頼できる外注さんもいます。

 

そんな外注さん

はじめての電子書籍の制作出版から依頼すべきではない、その理由。

 

お金がかかるから!

 

これは、当然あります。

無料で出版できる電子書籍なのに、先に費用が発生すると、その分のマネタイズも考えなくてはいけなくなり、大変です。

でも、今回はそこではない所に着目しました。

 

自力でつくることで得られるスキル

f:id:acco-contents:20220221223350p:plain

自力で制作出版することにより、身につくスキルは、たくさんあります。

 

スキル1:ライティングスキル

電子書籍の文章は、SNSやブログと比較すると、長めです。

 

「この長文、面倒だし大変すぎる!

もしも外注さんにお願いできたら!」

 

とも思いますが、

ライティングスキルは、「自分で書く」ことで養われるスキルでもあります。

 

最初は慣れない分、チョッピリつらいかもしれないけど、そこに近道はなく、逆に、日々自分で刻む一文字一文字が、ムダになることはなく、一文字ずつ、ライティングスキルが身についていくものでもありますよね。

 

ライティングのノウハウの学びもとても有効ではありますが、

「書く」。

これがとても重要なことでもあります。

 

そこから、自分らしさや個性、特徴やクセを発見したり、得意な文章ジャンルや、表現方法も見つけていくこともにつながりますよね。

 

逆をいうと、もしもあなたが外注さんにライティングを依頼すると、

 

「超売れる、良い文章をつくりたい!」

 

という思いのある外注さんの場合には、その分だけライティングスキルが向上します。

 

外注さんは、お金をもらって、ライティングのスキルも向上するのです。

 

 

スキル2:表紙デザイン制作スキル

 

これも、プロの外注さんに依頼したら、

 

「私の素人感100%の表紙よりも、売れそう!」

 

と思いますよね?

当然売れます。

プロだし。

 

でも、これもたとえヘタクソで、シロウト丸出しだとしても、自力で制作することで、デザインのスキルが身についていきます。

 

少しでもカッコいい、目立つ表紙にしたいと、自然とデザインのことを学んだり、売れている書籍の表紙を研究したり、学びと習得していくものが、きっとあるハズです。

 

こちらもライティング同様、依頼を受けた外注さんが、

 

「みんなが目を止める、素晴らしい表紙をつくりたい!」

 

と真剣に取り組むと、その分、外注さんの表紙デザインスキルが向上します。

 

お金をもらって、スキルとテクニックがメキメキと向上します。

 

スキル3:KDPでの制作出版リサーチスキル

これも上記の2つと同様で、不器用なりにでも、泥臭くリサーチをしていくと、リサーチのセンスとスキル、使用ツールの操作スキル、また、キーワードを選定する能力も、身についていきますよね。

 

外注さんはプロですから、間違いなく絶対売れるキーワードを、ソッコーで多数教えてくれるハズです。

 

しかし、これもまた外注さんが、

 

「もっとデータ採取と分析に力を入れて、データベースの構築をもっとしたい!Amazonアルゴリズム完全攻略したい!」

 

と全力で、リサーチと分析・解析を徹底的にした場合、

 

お金をもらいながら、さらに自社のデータベースを強靭なものにしていくことと、Amazonアルゴリズムの対策ノウハウを、構築していくことができます。

 

あとあと他力と賢くつきあっていける! 

f:id:acco-contents:20220221223735p:plain

最初は、ちょっと大変かもしれません。

だからこそ、ニーズがあって、いろいろな外注さんがいるのです。

 

でも、自力で制作出版ができると、さまざまなスキルは、間違いなく磨かれます。

 

そして、将来、万が一、

 

「これは絶対売れる! 表紙さえ完璧なら!」

「ベストセラーになる! 文章を整えてもらえたら!」

 

といった、あと1個のパーツがそろえば完璧である、

震えるような作品を作ってしまった場合や、

 

「もう何を出版しても爆売れしちゃう。」

といった、超売れっ子作家になった場合など、

 

何かしらの理由で、

外注さんという、プロ集団の力をお借りする方が絶対良い!」

という、外注さんに依頼すべきときが訪れるかもしれません。

 

そのときに、知識やスキルが何も知らない人とでは全くちがう、外注さんとの賢い付き合い方を進めることも可能にします。

 

ちょっと面倒くさいお客さん

どんな職業においても、相手が経験豊富で知識がある人だと、正直、面倒ですよね。笑

 

でも、これは電子書籍においても同じことが言えます。

 

相手に知識があって、細かく希望を伝えてくると、当然手を抜けないし、真剣に取り組むハズです。

外注さんのプロ意識を、さらに応援することができるかもしれません。

 

「右も左もわからないから、イイ感じでお願いしますう。。」

 

と、

 

「文章はSDS法だと普通すぎるからやめてもらい、こういった感じで。」

 

「表紙には流行りの○○カラーを15%くらい使用して、タイトルはゴシックで。」

 

とでは、

全然違ちがいますよね。

 

例えると

迷子の子犬と、プロデューサーかオーナーか?

ぐらいのちがいが生じます。

 

外注さんとの関係が、ビジネスパートナーとしてお付き合いできるようになれます。

 

外注さんも、

「何でもいいからテキトーに作って。」

よりも、

やりがいを感じてくれたり、過去に努力してスキルを磨いたことを知れば、今後も長く付き合いたいと、思ってくれるかもしれません。

 

スキルや知識が身についていると、具体的に依頼内容を伝えることもでき、自分の希望に近いものを手に入れられる可能性も高まります。

 

また、具体的に依頼ができることで、納品までのリードタイムも短縮することも期待できますネ。

 

なんなら自分が他力にもなれる!

f:id:acco-contents:20220221224439p:plain

 

自力で作業することにより、得られるさまざまなスキルのスゴい所は、自分が将来、外注依頼するときに役立つだけではなく、

 

自分が他力にもなれる!

 

これも、できる可能性がある所です。

スキルを磨くうちに、自分が商売できるレベルに到達するかも!

 

しれません。

 

そうすると、ビジネスの幅がグンと広がります。

ワクワクしませんか?

 

何も始まっていない。だからこそできること。

f:id:acco-contents:20220221224720p:plain



夢みたい!

 

いや。

 

意外と普通のことかもしれません。笑

 

ただ、スキルアップの場が、自分の電子書籍で実践できること。

これにとても意味があるのだと考えています。

 

それと、若干の才能は必要ではあります。

 

残念なことに、根性だけで乗り越えるのが困難なことも、この世にはありますよネ。

 

でも大丈夫!

 

学びと知識、そこから得るものは、何もムダにならないと信じています。

絶対それは将来役にたつハズです。

未来の電子書籍にこだわらなくても、

 

  • タイピング
  • イラスト
  • webライティング
  • web広告
  • ブログ添削

 

などなど、イロイロな場で活かされる、強い武器となるハズです。

 

電子書籍制作を検討している人には、是非とも自力での出版方法も、選択肢のひとつにノミネートして欲しいです。

 

自力の制作出版って、楽しいですよ!

 

 

 

セルフ出版のすばらしさを知ってほしくて、長い文章になってしまいました。笑

 

ここまで読んでいただき、本当にありがとうございます。

f:id:acco-contents:20220211182804p:plain

ではまた!

あっこでした。