電子書籍をつくるブログ

電子書籍をつくりたいとき、拾ってもらえるコトがあったら幸いです。

もしも、カンタンに長文が書けるとしたら、出版しますか? 電子書籍の「長文苦手マインド」について。

f:id:acco-contents:20220226001432p:plain

 

自分のための特別なブログに、自力でつくる特別な電子書籍を!

応援してます。あっこです。

 

もしも、長文が書けるのなら、電子書籍つくるのにな・・・

 

まだ、

ムリだ。。

 

長文のイメージが、どうしても強い電子書籍

書籍を長文という高いのハードルのせいで、あきらめている人へ。

 

いやいや、そんなことはナイ。ないんですよー!

 

「つくりたい!」

 

その気持ちがあるのなら、今すぐ出版すべきです。

 

出版するとき。

 

それは今。

 

今です。それは。。

 

 

電子書籍の意外な事実。

少しでも、前向きに検討したい気持ちに、なってもらえたら嬉しいです。

 

 

「長文で大変そうー。」イメージ。

f:id:acco-contents:20220226001612p:plain



電子書籍は、電子データとして読むことのできる「本」です。

 

その、「本」という言葉のために、どうしても「長文」というイメージがついている?

 

そんな気がしています。

 

確かに、長ーーーーい文章の書籍は、いっぱい出版されています。

 

しかし、実は、

 

「長文じゃないとイケナイ!」

というものでは、ないのです。

 

Amazonkindle本には、文字数の制限がありません。

f:id:acco-contents:20220202233338p:plain

 

Amazonkindle本。

これには、実は文字数の取り決めがありません。

 

ルール上、

「短文はダメ!」

ということは、ありません。

 

「10,000文字~15,000文字くらいが良い」

f:id:acco-contents:20220226001912p:plain

 

そのように指導している情報も、多く目にします。

 

実際、お役立ち情報系の書籍の場合には、

Amazonkindle本を見ていると、これくらいの書籍が多いようにも感じます。

 

「10,000文字」。これって、本当に大変ですか?

f:id:acco-contents:20220226002141p:plain

 

もしも、ブログを日々投稿している人としたら、そちらの方がとても大変です。

 

毎日投稿しているとして、

1記事、2,000文字だとしたら、

 

何と!

 

5日でクリアしてしまいます。

 

ブログを日々頑張っている人には特に、この文字数は、冷静になれば、大変ではないことに気づいてもらえるハズ!

 

と思うのです。

 

やり方によっては、ブログより逆にラク

f:id:acco-contents:20220226002302p:plain

そして、ブログは毎日投稿している人、とても多いですよね。

 

それと比べると、

 

電子書籍、毎日出版しています!」

 

というツイートを、少なくとも、私は見かけたことがありません。

 

電子書籍は、毎日出版する必要もないのです。

 

 

自分のペースで、ムリのない作業をしてみる。

f:id:acco-contents:20220226002802p:plain

 

もしかしたら、

 

「一気に長文を書かないとイケナイ」

 

そんなイメージが、持たれがちなのかもしれませんが、

電子書籍は自分のペースで、大切につくっていくこともできます。

 

何もしない日も、設定し放題です。

 

他の忙しいものを優先して、ゆとりのあるときにやってみたり、

 

「1年に1冊出版しよう」

 

というプランを立ててみたりと、

自分らしく取り組める、とても自由なコンテンツでもあります。

 

電子書籍のそんな特徴も、私は大好きです。

毎日、作業する時間がナカナカ確保できない人にもオススメです。

 

楽しいですヨ~!

 

 

P.S.

Amazonの「タイムセール祭り」が始まりましたネ!

期間は3日間。

アソシエイトしている人は、要チェックです。

 

 

 

ちなみに、私だったら、コレをオススメすると思います。

 

 

audio-technica ワイヤレスネックスピーカー
Bluetooth5.0/本体約75g軽量設計/連続再生約13時間/
microSDメモリーカード対応 AT-NSP300BT

 

最近ゲットした、ネックスピーカーです。

 

ちょうど良いイヤホンがナカナカ見つけられず、いつもポロポロ外れてしまい、困っていました。

 

これだとノーストレス。

周りの音も聞こえるので安心。

ZOOM会議も快適。

 

そして、ネックスピーカーなのにカワイイです。

 

お子様や女子にはオススメです。

天山や、首の太い人には、ちょっと小さいかもしれません。

 

 

そして、今、私はこれで音声を聞いています。

anchor.fm

 

良かったら、聞いていただけると幸いです。

ヨロシクネ!w

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

f:id:acco-contents:20220211182804p:plain

ではまた。

あっこでした。