電子書籍をつくるブログ

電子書籍をつくりたいとき、拾ってもらえるコトがあったら幸いです。

爆笑させたい人が、1ミリも笑えなくなっていた話。

f:id:acco-contents:20220305091539p:plain

 

電子書籍をつくって、プロフィールに「kindle書籍出版著者」と追加すると!

そして、ペーパーバックや、外部流通までも攻略しちゃうと!!

応援してます。

あっこです。

 

笑わせることが一番大切なミッション

 

「どんなコトをしたらあの人は笑うのか?」

 

「よし!このギャグを明日つかおう!」

 

「今日はイマイチな結果だったナ、、改善しよう。」

 

そんなことを、日々、真剣に考え続けた、コロコロコミック精神旺盛な、中年の話です。

 

※とは言っても、「おもしろ要素」0%の記事です。気をつけてください。

 

 

全力で笑わせに行く

f:id:acco-contents:20220305091857p:plain

 

「笑わせる」

「クスリとさせる」

「ホンワカとしてもらう」

 

これが、とても大切な会社に勤務しています。

 

どのような会社なのかというと、

 

業種は製造業、どこにでもある普通の中小企業です。

 

金属を切ったり曲げたりくっつけたりすることで、お客様からお金をいただいています。

 

独自の商品や特許は一切持っておらず、大手企業から仕事をいただいて、必死に依頼にお応えするという、

 

自社でこなせる生産量や品質、リードタイムといったものを、

「コントロールする・管理する」

といった言葉とは、一切無縁であり不可能な立場にある、とても泥臭い感じの仕事を継続することで、生き残り、成長を続ける。

 

そんな会社です。

 

世の景気次第で、時には売り上げが大きかったり、時には少なかったりと、

「典型的な日本の下請け企業」

のお手本のような、ありがちな普通の会社です。

 

私はそこで勤続17年目に突入している、古カブ社員をしています。

 

パっと聞き、そこに「オモシロ要素」の必要性は、全く感じられないとは思います。

しかし、私にとってはとても大切なものなんです。

 

とにかく泥くさい

f:id:acco-contents:20220305092109p:plain

 

これだけの期間でも、様々な経験を積むことができました。

 

リーマンショックや、素材の価格の高騰、コストカット、リストラ、給与システム改変、就業規則大改訂、品質管理システムの改変、、

 

そして、ここでイロイロな仲間と出会うこともできました。

仲間たちにも様々なコトが起こりました。

 

結婚、出産、育児、昇進、勤続手当の積み上げ、資格手当増加、マイホームゲット、、

ハッピーなことがイロイロと起きつつも、

 

家族の介護、労災事故、イジメ、解雇、リストラ、体力が続かず退職、能力低下で退職、独立するために退職、ちがう理由で退職、、

などなど、悲しいことや、多くの仲間とのお別れもありました。

 

いつもここに残る私たち。

私たちがこの「ザ・泥くさ企業」でどうやって乗り越えてきたのか。

 

それは、

 

「笑わせあってきた」。

 

それに尽きる。

 

そう思います。

 

 

笑わせあう人たち

f:id:acco-contents:20220305092140p:plain

 

とても忙しい。

とにかく忙しい。

 

「独身だし、スノボできるから良いよね!」

その期待とお願いに断ることもできず、むしろカッコつけで、簡単に調子に乗る私の残業時間は100時間を超えているときもありました。

 

独身の人は、土曜日という曜日は仕事をする曜日です。

 

それでも忙しい。

人間、集中力がそんなに続くわけもなく、当然、不適合作業と不適合品が増えたりもしました。

ユーザークレームの対応業務も増加します。

 

さらに忙しい。

 

それでも社に出てきて、働き続ける私たち。

 

そんな私たちは、

 

お互いに「笑わせあう」ことで、励ましあって、元気を分け合って乗り越えてきました。

 

「お金」でもなく

「任務」でもなく

 

「笑わせあう」。

 

それだけが

 

「今日も会社に行こう」

と思う理由になっていました。

 

笑わせあうことで、明日につながる。

 

仲間を笑わす。

これは私の大切なミッションになっていました。

 

笑ってくれない

f:id:acco-contents:20220305092346p:plain

 

月日が経ち、笑わせ仲間の一人が直属の上司になりました。

毎日が「笑わせあい」の繰り返しで、楽しくて仕方ありません。

 

「このまま帰りたくない!」

 

というのは大げさですが、それくらい楽しい毎日です。

 

ところが、また景気の波が、愛すべき「泥くさ企業」にも押し寄せます。

その頃から、「笑わせあい仲間たち」に変調が出始めました。

 

ギャグを言っても笑わなくなってきたんです。

 

「シンプルにギャグがつまらないだけなのかなー?」

 

最初はギャグを考え、イロイロ試しました。

でも、仲間は笑いません。

 

その代わりに、笑いではなく自分の業務を押しつけてきます。

そして定時で退社していきます。

 

最初は、それがギャグで、1時間後くらいに

 

「なんつってー!w」

とか言って、戻ってくると思っていました。

 

いつまでも、戻ってこない。

 

これはギャグではない。

 

周りの笑わせ仲間たちは、大きく変化していることに気づきました。

 

もはや、

 

歯にノリをつけて見せに行っても、笑ってくれない。

 

そんなレベルにまで突入していたんです。

 

笑えない

f:id:acco-contents:20220305092533p:plain

 

「この作業量はムリです。ミスをします。」

「定時で帰りたいです。」

「有給を取りたいです。」

 

忙しいというのに、さらに気の利かない、笑えない理由を訴えつづけるも、

「今が一番苦しい時」

というキャッチコピーが長年継続中の、泥くさ企業には、当然、そのようなことは永遠に通用することはありません。

 

当然、予告どおりにミスをして、モト笑わせ仲間から叱られる。

 

作業量は増える。

さらにミスは増える。

さらに多くの人からディスられる。

 

そしてもっとツラいのが、優しく励ましてくれる人がいる。

「自分が仕事をすると、その分みんなに迷惑がかかる。」

すでにその気持ちになっていた私にとっては、とてもありがたすぎて、逆に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

失敗しないように。

もっと多くの業務をこなさなければ。

みんなが笑いあえる環境づくりに尽力しなくては。

 

それでもミスは増え続ける。

そして作業量も増え続ける。

 

モト笑わせ仲間は定時で帰っていく。

 

気づいたら、

 

私は、1ミリも笑えない人になっていました。

 

 

笑わせてもらった

f:id:acco-contents:20220305093032p:plain

 

そんな中で、私は笑わせてもらうことができました。

 

それは、

テレビでもなく、あの泥くさ企業でもなく、

 

ブログです。

 

面白くて、声を出して笑いました。

家で読んでいて良かったです。

 

 

頭痛・めまい・耳の聞こえ・簡単な暗算ができない・カンタンなコトもミスをする

常にある悲壮感と罪悪感・昼間でも突然涙が出てとまらない

 

「これが更年期障害というものかな?」

 

「命の母」を飲むも効果がなく、イロイロ試して、結局、消炎鎮痛剤(ロキソニン)を飲み続けることが一番イイ感じ。としか思えない、、

いや。

メンタルクリニックに行ってみよう!

片っ端から連絡してみても、どこも予約がいっぱいで、1ヶ月以上マチ。

困っている人が世間にはこんなにいっぱいいるんだー!

と、いうことを知ることができつつ、頭痛薬で何とか日々過ごす中、私の様子のおかしさに気づいた人が動いてくれました。

 

産業医の先生の見立てで、「適合障害(適応障害)」というものらしい、ということがわかりました。

 

自分からワザワザ毎日行く会社で、ワザワザストレスを受けて、ワザワザ行きたいその会社のそのストレスから離れると、

何と!症状が治る!というもののようです。

 

それはまるで、自ら穴を掘って、そこに落ちて、「痛いよー!」と言っている人。

そんな風に感じてしまいます。

 

今ではそんなことを思いますが、先生の話を聞いて理解するまでは、

 

「会社から離れる」

という概念は全くなかったんです。

 

「私がいなくなったら世界のみんなが幸せになる」

という、今思えば、

「お前、どんだけVIPやねんww」

とスナオに思えることを、マジで考えていたんです。

 

そんな、VIP気分の落とし穴の中で、

私はブログに救われました。

 

 

笑わせに行く

f:id:acco-contents:20220305093442p:plain

 

先生との面談のあと、2週間お休みをいただくことになりました。

クリエイティブなことをする以前に、普通の日常生活も全然まともにできなくなっていた私は、この期間にイロイロなブログを読んで笑ったり、感動している内に、とても元気になりました。

 

体の不調もすごく回復しました。

 

ビックリです。

 

多くのブログと投稿者さんに、本当に感謝しています。

 

だから私は、笑わせにいきます。

笑ってもらうことで恩返しをしていきたい。

そう思っているんです。

 

 

その割に、全然おもしろくない。

f:id:acco-contents:20220305093752p:plain

 

そう思っている人も多いかもしれません。

 

そうです。

 

そもそも私には、笑いのセンスがないのかもしれないんです。

 

だから、

 

「ちょっと『クスリ』としてもらう。」

 

「お役立ち情報を、なるべく楽しく伝える。」

 

これで行きます!

ハードルさげます!!w

 

将来は、

 

「コッソリ仕事中に読んでいたら、ウッカリ笑ってしまった。。」

 

こんな記事をつくってやろうではないか!

と思っています。

 

 

ありがとうございます!

f:id:acco-contents:20220305093906p:plain

 

実はこの記事は、100記事目です。

ここまで継続できているのは多くの方々と、ブログの皆さんのおかげです。

 

本当にありがとうございます。

 

先日会社に休業の依頼の連絡をしたら、

 

「元気になったのなら月曜日から出てこい」

 

と言われました。w

安定しています。wwww

 

この先どうしていくのかは検討中の私ですが、これからもブログを大切にしていきたいと思っています。

 

パイセンたちを追いかけていきます!

 

というワケで、これからもどうぞよろしくお願いします!

 

 

今回は、普段に増して、だいぶツマラナイ記事でした。

それなのに、ここまで読み進めてもらい、本当に感謝しています。

書いといて何だけど、長いし。

 

本当に、読んでいただき、ありがとうございました!

 

f:id:acco-contents:20220211182804p:plain

ではまた!

あっこでした。