電子書籍をつくるブログ

電子書籍をつくりたいとき、拾ってもらえるコトがあったら幸いです。

ローマ!!

f:id:acco-contents:20220308061229p:plain

電子書籍を副業ブログに設置して!

ライバルとの差別化を!

応援してます。

あっこです。

 

ローマ字がヤバい!

 

電子書籍を出版したら、Twitterなどでアピールすると、とても良い効果が期待できますよね。

 

認知を広める活動になったり、

 

「読みたいカモ!」

と思う人が現れて、購入してもらえると、そのまま即収入になります。

 

そんなTwitterでのアピールの際に、気をつけないとイケナイ!

ことがあります。

アピールしたい人の参考になったら嬉しいです。

 

無言のやさしさに感動する!

f:id:acco-contents:20220308044716p:plain

 

以前、私が書籍を出版してから、しばらく経った頃のことでした。

 

「この書籍、オススメです!」

 

と、フォロワーさんが、Twitterで私の出版書籍をツイートしてくれていたことがありました。

 

そのツイートを発見したときに、私の書籍を読んでくれていたことと、このようにアピールして応援してくれていることを初めて知り、本当に感激しました。

 

ちなみに、この画像は、サンプル画像様にさっきTwitterにテスト投稿したものです。

当時のものではありません。

(スクショをとっておけば良かった!)

 

Amazonの上の方のツールバーから「シェア」をすると、このようになります。

 

もしもAmazonアソシエイトをしていたら、短縮URLでも同じような見え方になります。

 

f:id:acco-contents:20220308045544p:plain

こんな感じです。

 

 

この無言の優しい投稿が、すごくうれしくて、お礼を伝えたりしていたんですが、

私はそのありがたいツイートに対して、バチあたりなことに、結構すぐに違和感が生じていました。

 

何かが、おかしい・・・。

f:id:acco-contents:20220228235813p:plain

 

何だろう・・・

この違和感は・・・・

 

やさしさであふれた、とてもありがたいつぶやきに対して、ナゼこんな違和感が・・・??

 

それは、これでした。

 

 

字が変!

f:id:acco-contents:20220308051057p:plain

本当はあの時のツイートが見れたら良かったのですが、さかのぼるのって、限界があるんですね。。

見れなかったです。

 

上のピンク枠の中なのですが、これは日本語が普通に表記されています。

 

ところが、その書籍を紹介してくださった方のつぶやきは、アルファベットでした。

 

「翻訳されている」

のではなく、日本語をそのままローマ字にした感じの、違和感満載の一文でした。

 

 

「な・・・! 何だ・・・? この字は一体?!」

 

 

そして、そこでしばらく考えて、

 

「そうか! コレはアレだったのか・・・!!」

 

と、気づけたことがあったんです。

 

 

点と点が線でつながる

f:id:acco-contents:20220308054311p:plain

 

出版著書の「ローマ字」。

 

このナゾの文字の正体はコレでした。

 

書籍を登録するときに、自分で入力した「ローマ字」。

それが反映していたんです!

 

これに気づいてから、ソッコーですべての出版書籍の「ローマ字」を英語に変えました。

 

それまで私は、

 

「こんな所、日本の人しか読まないだろうし、関係ないだろう。どーせ。」

 

と、チョーテキトーに、ローマ字にもならない、怪しいアルファベットの羅列をして作業を済ませていたんです。

 

英語への変更は、もちろんGoogle翻訳で変換したものを、シンプルにコピペしています。w

 

Google翻訳のおかげで、英語がわからない私でも、ソレっぽい雰囲気がお届けできています。

 

もしも書籍を出版したら、やさしい仲間に、いつツイートしてもらえるか、わかりません。

おそらくですが、あの親切なお方のツイートは、「.jp」登録ではなく、「.com」の方でのツイートだったのかもしれません。

 

「ローマ字」も大事です! マジで!

 

出版している人は、今一度ご確認することをオススメします。

 

編集・確認の場所

f:id:acco-contents:20220308055251p:plain

(出典元:Amazon Kindke direct publishing 以下同。)

 

みんな大好きKDPのページから入ります。

 

kdp.amazon.co.jp

 

 

f:id:acco-contents:20220308055656p:plain

「本棚」から確認した書籍を探します。

 

f:id:acco-contents:20220308055900p:plain

ピンク枠の

f:id:acco-contents:20220308060129p:plain

電子書籍の詳細情報の編集」をクリック

 

 

f:id:acco-contents:20220308060245p:plain

ここです!

「ローマ字」!!

 

f:id:acco-contents:20220308060358p:plain

ここです!!!!w

 

 

いつでも安心♪

f:id:acco-contents:20220308061018p:plain

 

ここを確認しておけば、いつ紹介してもらっても安心ですね!

 

私は例のツイートのヤバさに気づいたとき、とても恥ずかしかったです。ww

 

良かったらご参考に!

 

 

 

読んでいただき、ありがとうございました!

f:id:acco-contents:20220211182804p:plain

ではまた!

あっこでした。