電子書籍をつくるブログ

電子書籍をつくりたいとき、拾ってもらえるコトがあったら幸いです。

ねっちりと電子書籍をつくる方法1 検索キーワード Googleリサーチ

 

ブログに電子書籍を設置したい。

応援してます。

あっこです。

 

ねっちりと電子書籍をつくる方法

 

前回は「今すぐカンタンに」つくる方法でした。

e-book.accoacco.site 

 

ジックリネッチリつくる方法もあります。

 

 

リサーチ!

ブログの人は良くご存じのリサーチ。

電子書籍をつくるときにも、リサーチをするかしないかで、結果が全然ちがうものになります。

 

私の考える『ねっちり』の主役は、リサーチです。

 

様々なリサーチがありますが、今回は検索キーワードについてです。

 

 

Googleでキーワードをリサーチする

Amazonで出版する書籍なのに、Google

 

もしかしたら疑問を抱く人もいるかもしれませんが、私もこれを知ったときに驚きました。

 

Googleでの検索キーワードをリサーチすることは、とても重要な作業になります。

 

 

AmazonGoogle検索にのってくる

Amazonで出版する電子書籍は、Google検索にのってきます。

 

当たり前のことなのかもしれませんが、ジャンルによっては、私のドメインパワーの弱いブログよりも、自分の出版した電子書籍の方が上に表示されていたりします。

 

一応100記事を超えても無事に何とか今の所、ブログ継続中ではありますが、それでも電子書籍より全然とても下です。

 

嬉しいのか、悲しいのか、よくわからない、複雑なキモチにもなります。w

 

Googleで表示される。

 

ということは、Amazonの中だけではなく、Googleで検索している人にも書籍を見つけてもらえるチャンスが増える!

 

ということでもありますよね。

 

 

集めたキーワードは、いろいろな所で使用できる

ブログをしている人は、キーワードの扱いや理解、リサーチが得意な人は、とても多いですよね!

 

自分が活躍できそうなフィールドと規模・ジャンル・ニッチ度合い、悩みの深さ、ニーズの有無などなど、調べます。

 

キーワードリサーチで収集した、関連キーワード、複合キーワードなどは、将来いろいろな所で活用することが可能です。

 

また、Google検索ではOKだけど、Amazonではイマイチのキーワードも、出てくる場合もあるので、削除せずに大切に保存します。

 

キーワードは、電子書籍のタイトルだけではなく、サブタイトル、書籍の説明文、文章の序盤などでも活かされます。

大切!

 

 

集めた珠玉のキーワードたちと一緒に、いざAmazonへ!

 

ねっちりだから、続きはまた今度!w

 

 

今日も読んでいただき、ありがとうございます。

 

ではまた。

あっこでした。

 


========================

 

電子書籍をつくりませんか |ω・)?

 

Udemyコース 定価¥16,000 →  ¥0

 

期間中にダウンロードしておけば、あとはゆっくりご覧いただけます。
(※有効期限5/24PM19:30まで 枚数限定発行)

 

¥0クーポンコード →  F3DD6C4E128CFFF42013

 

¥0で受講できるリンク

www.udemy.com

 

 

========================
 

lit.link

 

じゃっ。