電子書籍をつくるブログ

三日坊主 PCオンチ 時間がない お金もない ・・・そんな人にもオススメ

Kindle Unlimitedで出版する人って、お人好しなの? ナゾ。

f:id:acco-contents:20210929235911p:plain

Amazonのサイトに並んでいるkindle本を見ていると、

【読み放題プランのもの】と【そうではないもの】

がありますよね。

 

「有料のみで販売した方が印税でいっぱい稼げそうなのに

どうしてKindleUnlimitedの本がこんなにあるんだろう?

無料で出版してる人達って、お人好しなの??」

 

そんな風に思ったことはないですか?

 

実は、

人気作家や有名人じゃない人は、KDPセレクトに登録してKindle Unlimitedで出版する方が稼げる確率が高いんです。

 

そんなKDPセレクトの仕組みとは。

 

 

AmazonKindle本を出版する際に選択できる「KDPセレクト」

「KDP」=「Kindle direct publiching」の略。

 

このKDPに登録をすると、

売り上げに応じたロイヤリティオプションを自分で設定できる。

選択肢は35%か70%。

 

・・・70%の方が絶対良いですよね!

 

この、70%を選択するためには、まず、書籍の希望小売価格に条件があります。

 

・35%の場合・・・¥99~¥20,000 /冊

・70%の場合・・・¥250~¥1,250 /冊

       (Amazon.co.jpの場合です。販売する国によって異なります。)

 

¥250~¥1,250の範囲内で価格を設定すると

70%のロイヤリティオプションを選択することができ、収入を得ることができます。

 

「めっちゃ儲かるじゃーん❤」

 

と思うかもしれませんが、

このKDPには他にも条件があります。

KDPセレクトに登録すると、自動的にKindle Unlimitedにも登録される。

Kindle Unlimited」は、AmazonKindle本を読みに来る人が

月額料金を支払うことで何冊でもKindle本を読み放題で読むことができるプログラムです。

この読み放題で書籍を手に取ってもらった場合は、

70%のロイヤリティは発生しません。

読み放題プランではなく、お金を払って購入してもらった場合のみ適用となり収入が得られます。

 

「じゃあ、全然儲からないじゃん・・・」

 

そうとは限りません。

1ページ読んでもらうと約0.5円(変動アリ)

Kindle Unlimitedでダウンロードした書籍を1ページ読んでもらえると、約0.5円の収入が得られます。

 

すご-ーーーーく!!

 

少ないように感じるかもしれませんが

コレって大きいんです。

もしも1冊の電子書籍を出版しているとして、1日に5人の人が10ページ読んでくれるとしたら、1日¥25。

5冊出版していたら1日¥125。

年間で¥45,625。

不労所得が毎年¥45,625もらえるなんて、嬉しいですよネ。

 

もちろん読んでもらうために書籍の中身を良くしていったり、

読んでもらえる書籍を増やしていくことは必要にはなりますが。

 

何にも始めなければ、¥0のままです。

 

「コツコツとおこづかいを増やしていける~♪」

という夢もあります。

 

ちなみに、このページでカウントする仕組みは、

1アカウント1回までで、同じアカウントから何回めくったとしても加算はされません。

 

収入欲しさにめくりまくっても、無意味です。

 

それと、

「じゃあ、アカウントを量産してページをいっぱいめくろう」

と考える悪い人もいるかもしれませんが、

それって、、

どうなんでしょう。

 

1アカウント1回なので、新たな書籍出版ができないと、永遠にアカウントを量産し続けて、

同じ書籍を自分でペラペラめくり続けることになります。

この作業を続けていかないと収入が得られないって、、。

 

そんなガッツと時間があるなら、

その情熱を、より多くの人に喜んでもらえる電子書籍を作ることに注ぐべきであるし、

もっとページ数の多い書籍を作ることの工夫をした方が

健全であり、普通のことだと私は思います。

 

それと、プラットフォーム側から「変な動きをしている」と判断されると、頑張って作った電子書籍自体が排除されるおそれもあります。

 

 

・・・熱くなりました。笑

 

ビジネスは自由度の高さも魅力のひとつだとは思いますが、

あからさまなズルをするのは良くないし、

一生懸命マジメに電子書籍に取り組んでいる人や、

書籍を置いてくれているプラットフォームに、

失礼なことはしたくないものですネ。

 

 

長くなったので続きは改めて。

 

本を出版する人って、別世界の何かすごい人達なんだと思っていた・・・ - 電子書籍出版 楽しみながらマネタイズ

電子書籍ブログ

2021/09/08 23:41