電子書籍をつくるブログ

電子書籍をつくりたいとき、拾ってもらえるコトがあったら幸いです。

勝つ者は勝つべくして勝っているのだっ・・・! KENPC v3.0

f:id:acco-contents:20220311075604p:plain

 

自分好みの電子書籍をつくって、副業ブログをもっと好きになる!

応援してます。

あっこです。

 

KENPC v3 が適用されている

 

出版書籍の表示ページ数が、

 

 

全て異なることに、疑問を感じていませんか?

私は理解するまで、ずっとモヤモヤしていました。w

 

スッキリしたい人のために参考になることがあったら嬉しいです。

 

 

すべての表示ページ数が、ちがう。

f:id:acco-contents:20220228235813p:plain

 

私にはしばらく抱えている、疑問がありました。

それは、

この3つの表示ページ数が、いつもちがうことでした。

 

 

 

 

 

検証1:下書き原稿

f:id:acco-contents:20220311061632p:plain

ページカウント:65ページとなっています。

 

検証2:本棚 ダッシュボード

f:id:acco-contents:20220311061944p:plain

ページカウント:83ページ。

 

検証3:Amazon プラットフォーム

f:id:acco-contents:20220311062351p:plain

ページカウント:63ページ。

このように、すべてがちがう表示になっているんです。

 

「な、、なぜなんだ、、、。」

 

 

この状況に、気持ちの悪さを感じていたのですが、

 

 

スッキリ!

 

解決!

 

できました。

 

 

そもそも『KENPC v3』って・・・?

f:id:acco-contents:20220311075813p:plain



KENPC(Kindle Edition Normalized Page Count)は、

 

読者さんが快適に読書できる(と想定される)、標準の書式設定をもとにした、ページ数の算出機能です。

 

KDPセレクトのグローバル基金が、より公平に分配されるための改善活動の一環として、v3がリリースされています。

 

・利用回数の多い本

・読者さんに、もっとも多く読まれている本

 

こういった素晴らしい書籍を出版する著者さんに、正当な報酬が支払われることを目的としています。

 

KENPC v3で最適化される項目

f:id:acco-contents:20220311075958p:plain

このKENPC v3で最適化される標準書式設定については、これらのことが含まれます。

 

  • フォント
  • 行の高さ
  • 行間

 

などです。

カンタンに言うと、

 

「読者さんが読みやすい感じにすると、こう!」

 

といったものでロイヤリティの計算をする機能です。

 

 

Amazonも商売です。

なるべく快適に読書してもらい、読者さんに、

 

 

Amazon kindle Unlimited って、良いじゃん!」

 

「無料期間過ぎたら、サブスク登録しよっかなー♪」

 

「この書籍、気に入ったからペーパーバックも買おうかなー!」

 

kindleペーパーホワイトも買っちゃおうかなー♪」

 

 

と、思ってもらいたいですよね。

本気で商売をしています。

 

価値のある出版書籍をお届けしたいんです。

 

KENPC v3 は、そんな機能です。

これで、自分の原稿とKENPC v3 のページ数の相違が納得できますね。

 

 

でも、アレも、ちがう、、、!

f:id:acco-contents:20220228235813p:plain

 

そうですよね。

アレもちがいます。

しかもKNPC v3 とは、大きくちがいます。

 

これについても、わかったことがありました。

 

 

ソース!!

f:id:acco-contents:20220311071748p:plain

 

Amazonのプラットフォームの詳細ページ。

そこで表示されているページ数が全然ちがいますよね。

 

これについては、

 

「外のソースから提供される数字」

 

とされています。

 

外部委託しているのでしょうか?

翻訳が変なだけ?

 

まあ、その辺は不明ですが、実際に読者さんが読むページ数とは異なることがわかりました。

 

 

勝つことは偶然ではなく、必然っ・・・!

f:id:acco-contents:20220311081112p:plain

 

勝つためにやるべき行動を積みかさねて、偶然ではなく、必然的にシンプルに勝つ。

 

ゼッケン11番の男は、カイジから気づかされていましたね。

 

 

 

 

kindle本も同様で、

 

  • 行間を異常にスカスカにする
  • スペースを不必要にガンガン入れる
  • 文字をムダに巨大にする

といった、

 

「コテ先ページ稼ぎテク」

 

これは、現在、通用していません。

このような書籍をつくっても、KENPCから算出された適正なロイヤリティの支払いのみとなります。

 

価値のある情報の詰まった書籍

 

これをコツコツと届けている人。

彼らにとっては、

 

必然・・・当たり前のことなんだっ・・・!

 

Amazonで見えるページ数よりも、リアルのページカウント数は、

 

多いかもしれないんだっ・・・!

 

実際に獲得している、KENPC が多いかもしれないんだっっ・・・!

 

 

要するに、

 

価値のあるものは、適正に最適化されて、

変なものも、適正に最適化されている。

 

というシンプルなことでした。

 

 

でも、読まれなければ、意味がないYONE!

f:id:acco-contents:20220311081751p:plain


ここまで、ページ数のことについてイロイロと語ってきましたが、

結局いつも、こうなります。w

 

書籍の途中で、閉じられてしまったら、そこで試合終了です。

 

まずは最後まで

 

「読みたーい!」

 

と思ってもらえる書籍。

 

欲を言えば、

 

「続編も読みたーい!!」

 

と思ってもらえる書籍。

 

これを目指していきたいですネ!

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

f:id:acco-contents:20220310070144p:plain

ではまた!

あっこでした。