電子書籍をつくるブログ

電子書籍をつくりたいとき、拾ってもらえるコトがあったら幸いです。

知っていますか? 完全無料の広告機能!

f:id:acco-contents:20220310071233p:plain

 

副業ブログ強化のために、電子書籍をいつか出版したいナ!

 

「いつか」って、いつだろう?

 

そうです。

 

今です。

 

それは今。

 

応援してます。

あっこです。

 

出版書籍のマーケティング力を強化する
「A+(エープラス)コンテンツ」

 

 

せっかく出版した書籍だから、少しでも多くの人に見つけてもらい、手に取っていただきたい。

 

認知を広めたり、自分のブログに訪れていただきたい!

 

電子書籍マーケティングに役立つ機能

 

 

「A+コンテンツ」

 

 

コレについて、共有しますネ。

参考になることがあったら嬉しいです。

 

 

「A+コンテンツ」?

f:id:acco-contents:20220310071759p:plain

 

Amazonで表示される出版書籍の、詳細ページに追加して表示してもらえる!

 

という、コンテンツや著者自身をアピールできる機会を増やして、マーケティング力を強化する効果が期待できるという、大変ありがたい機能です。

 

「チラシ!」

 

という感じですね。

 

無料です!

 

 

A+コンテンツ機能の使い方

f:id:acco-contents:20220310053951p:plain

「A+コンテンツガイドライン」という、Amazonと著者さんとのお約束があります。

まずはそちらを一読しましょう。

 

kdp.amazon.co.jp

(出典元:Amazon kindle direct publishing 以下同)

 

 

f:id:acco-contents:20220310054929p:plain

みんな大好きKDPの「マーケティング」をクリック。

 

 

f:id:acco-contents:20220310055132p:plain

「A+コンテンツの管理」をクリック。

 

 

f:id:acco-contents:20220310055313p:plain

この表示、出ませんか?

私は以前からこの表示がでてきて、イロイロ試してもダメで、その先が編集できずにいました。

 

 

「うまくいきませんでした!」(なぜか強め。w)

 

 

この表示の下に何も表示されず、真っ白でした。

 

それぞれの環境や設定の影響が考えられます。

 

ここから先は、

 

「うまくいきませんでした!」(ww)

 

の下に、何かが表示されているのを前提として進めますね。

 

 

f:id:acco-contents:20220310060052p:plain

「商品紹介(Aプラス)コンテンツの作成を開始する」をクリック。

 

f:id:acco-contents:20220310060334p:plain

上から埋めたい気持ちにもなりますが、まずは「モジュールを追加」をクリックします。

 

f:id:acco-contents:20220310062533p:plain

f:id:acco-contents:20220310062544p:plain

選べれるモジュールが、とにかく多い!

です。

好きなものを選択します。

 

今回は、「Standard Company Logo」を選択しました。

このモジュールは、次の画面でも変更可能です。

 

 

f:id:acco-contents:20220310063237p:plain

好きな画像を追加します。

 

 

f:id:acco-contents:20220310063514p:plain

画像追加ページで、キーワードが入れられます。

Amazonアルゴリズムを意識して、100文字いっぱいまでキーワードを入れてみました。

 

 

f:id:acco-contents:20220310064338p:plain

1.コンテンツ名には、複数冊を登録したかったので、これらの書籍全体のイメージとキーワードを入力してみました。

 

2.「次:ASINを適用」をクリック。

 

 

f:id:acco-contents:20220310064820p:plain

1.ここにASINを入力して

 

2.「コンテンツを適用」をクリック。

 

複数冊登録していくことができます。

 

 

f:id:acco-contents:20220310065056p:plain

「確認して送信」をクリック。

 

そのあとはAmazonの審査・反映を静かに待ちます。

 

 

活用しよう! 

f:id:acco-contents:20220310065421p:plain

 

今回は、Amazonでの書籍のマーケティング機能のひとつ、「A+コンテンツ」機能でした。

 

せっかく出版した書籍だから、少しでも多くの人に気づいてもらい、そして魅力を感じてもらい、

 

「何これ! メッチャ読みた~い!!」

 

と思ってもらえる広告を、つくってみませんか?

 

私は、この「A+コンテンツ」の一番好きなところは、

 

無料!!

 

という所です。

セルフ出版をする人を応援する優しい機能ですネ!

 

売上に伸び悩む人の参考になったら嬉しいです!

 

 

読んでいただき、ありがとうございました!

f:id:acco-contents:20220310070144p:plain

ではまた!

あっこでした。