電子書籍をつくるブログ

電子書籍をつくりたいとき、拾ってもらえるコトがあったら幸いです。

日本にアレを!!

 

電子書籍をGWにつくろうかなぁ。

応援してます。

あっこです。

 

いつか日本にも上陸するかもしれないアレについて。

 

昨年10月、日本にやってきたペーパーバック。

ペーパーバック先進国と、まだ文化がホヤホヤの日本では、

相違点が結構あります。

 

 

Amazon.com

 

 

Amazon.co.uk

 

 

 

Amazon.jp

 

 

これらの3つのマーケットプレイスを比較すると、日本だけ他と異なる点があります。

 

 

それは、

 

 

 

「ペーパーバック」ボタンがない!!

 

ということです。

 

今のところでは、ペーパーバック検索はできない状態です。

 

近い将来、出現してくれたら嬉しいですネ!

 

 

 

 

 

共通してしまっているコト、、、

 

 

そして、悲しいことに、共通してしまっていることがありました。

 

単独出版のペーパーバックは、ボタンがあるマーケットプレイスでも、

 

  • 著者ページにピックアップされていない

  • ペーパーバック検索できない

 

今の所ですが、こうなっていました。。。

 

 

著者本人の私でも、あのコを見つけるのに一苦労です。

 

 

あのコ。

 

 

この状況から導きだすことができる予想としては、

 

将来ペーパーバックカテゴリーやボタンができたとしても

ペーパーバック単独出版は、ナカナカ見つけてもらえないカモ。

 

ということですネ。

 

 

見つけてもらうために!!

 

このままでは、あのコがかわいそうだし、困ります。

 

本来は、今回のペーパーバックは、自ら記入をするための目的で制作したペーパーバックではありますが、

 

電子書籍も後追いで制作して、

 

  • 立ち読み用

  • 試読用

 

として電子出版すべきであると判断しています。

 

少しでも見つけてもらう工夫をしたいです!

 

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。

ではまた!

あっこでした。

 


========================

GWに電子書籍をつくりませんか |ω・)?

 

Udemyコース 定価¥16,000 →  ¥0

 

期間中にダウンロードしておけば、あとはゆっくりご覧いただけます。

(※有効期限5/24PM19:30まで クーポン限定発行:100枚)

 

¥0クーポンコード →  F3DD6C4E128CFFF42013

 

¥0で受講できるリンク

www.udemy.com

 

========================
LitLink → https://lit.link/accocontent

 

じゃっ!