電子書籍をつくるブログ

ゼロからつくる!副業ブログのためのKindle本!特化型Kindle出版!

【電子書籍】私が電子書籍の制作出版に出会うまで エピソード0-1 キッカケのキッカケ

f:id:acco-contents:20211208233844p:plain

 

電子書籍をつくって、ブログ収益をもっとイイ感じにしたーい!

という人を応援している、あっこです。

 

電子書籍? 自分、毎日いろんなSNSトロールしてて忙しいんで、

時間ないっス。ムリっス。」

という人も応援しています。

 

昨日、私が『電子書籍の制作と出版』というものに出会うまでの、

少し前にしていたことや、起きていたこと、

読んでいただきました。

本当にありがとうございます。

 

正直、

「こんな記事投稿しても、誰の役にも立たないんじゃないのか?」

「『ツマンネー。』ってコメントされたらどうしよう?」

と、

不安でした。

 

でも、

 

「面白い!」

というメッセージをくださる方がいました!

 

「昨日のブログ、良い感じだったヨ!」

と、連絡をくれた人もいました!

 

本当に嬉しいです。

 

たった一人にでも、面白いと思ってもらえれば、それは素晴らしいコンテンツ!

 

と考えています。

 

だから、もう少し続きを書かせてもらいますネ。

お付き合いをよろしくお願いしますネ。

 

 

そして先にご承知おきいただきたいのですが、

今回も、電子書籍にたどり着けるか不安です。笑

f:id:acco-contents:20211208234734p:plain

自信ナシ!

それでも良かったら、読んでいただけると嬉しいです。

 

 

今夜こそは、ハンカチのご用意を!

いや、むしろ、

タオルの方が良いかもしれません!

それは、ウソです。笑

 

・新しいものにすぐ飛びつく超ミーハー。

・カッコつけだから、始めるとすぐに本格的なものが欲しくなる。

・やるかやらないか迷ったら、「やる」をいつも選択している。

 

そんな私の性格と似ている人には、

もしかしたら参考になることが、あるのかも?

 

電子書籍制作に興味があるけど、

もうちょっと。

もうちょっとだけ!

 

始めるための勇気が欲しい人へ。

参考になることがあったら嬉しいです。

 

 

クラハ!

f:id:acco-contents:20211208234910p:plain

 

皆さんは、覚えていますか?

clubhouseというものを。

 

これは、私は最近あまり行っていないけれど、

とても人気があって、多くのユーザーさんに楽しまれていますよネ。

 

 

私の『ガリガリ筋トレおばさん青春時代(笑)』が

終了した頃のこと。

 

世間では、コレが大変話題になっていました。

 

シリコンバレーで、カッコ良い仕事をしている人たちがやっている」

「招待制だから、特別な人じゃないとできない。」

「次世代の音声コミュニケーションという新しいSNS。」

 

などと、

結構ザワザワしていましたよネ!

 

特に、

「限られた人数しか招待されない」

シリコンバレー発祥らしい」

といったキーワードが、

多くの人の興味に刺激を与えていたのではないでしょうか?

f:id:acco-contents:20211209001712p:plain

そして、

これって、

意図的に、プロダクトローンチが組まれていたのでは?

とも考察しています。

 

・・・『プロダクトローンチ』とは、、

って、話し始めると、

また昨日みたいに脱線するから、今日はガマンしますネ。笑

良かったら過去の記事、読んでもらえると嬉しいです。

 

accolog.blog

 

そんなclubhouse、

私は結構早い時期に招待してもらい、始めることができました。

音楽機器メーカーのお知り合いさんが招待してくれました。

 

マイメロの部屋! 聞き専一筋!

f:id:acco-contents:20211209002038p:plain

 

そこでの私のスタイルは聞き専でした。

マイメロの部屋』というroomが大好きで、

いつも楽しみにしていました。

 

声でコミュケーションを楽しむSNSだというのに、

何と!

ただ、聞いているだけ。笑

 

勇気が出なくて発言できないという。

でも楽しかったです。

 

そんな楽しい日々の中で、私はあることに気づきました。

 

Twitter

f:id:acco-contents:20211130220124p:plain

ほとんどの人が、TwitterInstagramをしていて、

URLがちゃんと貼り付けてあります。

 

ミーハーな私としては、そこもやはり、外すことはできません。

すぐに興味を持って、すぐに始めました。

 

 

「月収100万」の人が大量にいる?!

f:id:acco-contents:20211208235652p:plain

 

Twitterを探検し始めてから、

こんな感じの、『稼いでます系』の発信が大量にあることに、驚きました。

 

そして、

疑問に思うことが、たくさん湧いてきました。

 

Twitterって、お金持ちでヒマな人が、金持ち自慢をしたくて集まる場所なのか?

・その割に、「積み重ね」とか「毎日朝活」とか、何だか苦労してそう。

・自分だけお金持ちだったら楽なのに、みんなもお金持ちにしたがるのはナゼ?

 

ナゾは深まるばかりです。

 

そもそも、国民の平均月収を上回る人種のほとんどは、

弁護士や医師などの『先生』と呼ばれる人か、

大きな企業の、部長クラス以上の人ばかりだと思っていたから、

 

若くして、その倍以上の収入を遥かに上回る人が、

本当にこんなにいるとは、

にわかに信じられないのです。

 

ここにいる人たちは、何なんだ?!

 

私の、興味本位魂は、やはりここでも、もれなく発動しました。

 

そこから、

いろいろな所に情報を見に行き、

調べたり学んだりして、

こういうものを知ります。

 

個人のネットビジネス!

f:id:acco-contents:20211209000053p:plain

 

いろいろなものがあるから、ひとまとめにはできないけど、

 

私が興味をもったものは、

 

人を雇って働いてもらう経営と違い、

インターネットに、自分で仕組みをつくって運用することで、

自分一人でも、収入を得ることができる稼ぎ方。

 

ザックリとだけど、こういったものでした。

 

そっかー。それをみんな頑張っているのかー。

ということがわかりました。

 

それと、

中には、お金配りオジサンではないですが、

本当にお金持ちすぎて、

ヒマつぶしをしている人も、

もしかしたら、いるのかもしれないけど、

 

Twitterの人たちは、みんながみんな、月収100万円なワケでもないんダネ。

 

ということも知ることができて、安心しました。

 

この、ネットビジネス。

ここでもやっぱり、私の『知りたい精神』は、

発動するのでした。

 

 

つづく。

 

 

電子書籍までの道のりは長いのですネ。
ゴメンナサイ。 

f:id:acco-contents:20211209001232p:plain

 

ここまで読んでいただき、本当にありがとうございます。

今日もたどり着けなかった!

ゴメンナサイ。

 

もうちょっとで、電子書籍が見えてきそうな気がしてきました。

 

もしかしたら、今日の記事と同じ経験をした人、

いるのかなぁ?

もしも、共感できる人がいてくれてたら、

とても嬉しいです。

(いないかー!笑)

 

最後まで読んでいただき、本当に本当に、

ありがとうございました!

f:id:acco-contents:20211208233558p:plain

ではまた!

あっこでした。