電子書籍をつくるブログ

電子書籍をつくりたい人向けお役立ち情報を届けています。

カテゴリーは、BISACコードに基づいている。AmazonKDP Kindle検索 

電子書籍をブログに設置したいなっ。

応援してます。

あっこです。

 

Amazonのカテゴリーは、BISACコードが使用されている。

 

Kindle本の検索をするときに便利なカテゴリー。

あれは、Amazonが独自に作ったものではなく、BISACに基づいているもの。

 

BISAC?

https://bisg.org/page/BISACFaQ

 

「BISAC(InduIndustry Standards and Communications)」

(NISO and OCLC, Inc.「図書メタデータワークフローの合理化」より)

 

 

とのことです。

私にはわからない言葉が多かったですが、ザックリだと、

 

書籍を効率良く快適に、検索・管理するための標準づくりや、教育ツールの開発などをしている「BISG」というアメリカの委員会。

 

5つの委員会で構成されている中のひとつ「BISAC」は、分類コードの管理更新をしている部門。

 

ここで定めているコードのこと。

 

という感じですね。

 

 

ちなみに、BISGにメンバー登録をすると、この委員会やワーキンググループに参加できるそうです。

アメリカだから英語でのコミュニケーションだと思います。)

 

 

このコードは、Amazonの他にも、ibook、Baker&Taylor、Bowkerなど、米国で書籍を扱う多くの企業がBISACコードを採用しているそうです。

 

コレを知るまで、勝手にAmazon独自のものかと思っていました。

 

「探しやすさ」

「整理・管理のしやすさ」

「快適性と効率化」

 

そのために、いろいろな垣根を越えて多くの企業や人たちが、活動している。

それを知ることができました。

ありがたいですね。

 

優しさと書籍への愛でできているカテゴリー。

自分の書籍は、カテゴリー選択をまちがえないようにしたいと思いました。

 

Kindleのカテゴリーは、著者さんは、2つ選択できます。

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。

 

ではまた。

あっこでした。