電子書籍をつくるブログ

電子書籍が、あなたのビジネスを応援します。

【電子書籍】読んでくれた人にスッキリ解決してほしい。え? スノボイントラ的ですと??

f:id:acco-contents:20211030185022p:plain

 

こんにちは。

どんなビジネスとも相性の良い電子書籍

その電子書籍で相性が良い感じでサポートをしている人。あっこです。

 

「この間、好きなアプリの事を詳しく知りたくて、企業向けの運用説明動画を観たんだけど、全然意味不明だし、つまらなかったヨー。」

と、向上心が高く行動もしているのに、理解の難しさを感じている人のことも、応援しています。

 

電子書籍を制作する前に考えること。

大切なことはいろいろありますが、

 

そのひとつ、

「読む人の悩みや目的が、解決・達成してスッキリして欲しい。」

f:id:acco-contents:20211030185529p:plain

これについて。

 

しっかりと考えてから作業すると、書籍の内容や構成が、

全然ちがうものになります。

 

今回は、

私自身のスノーボード指導の経験から、学んで習得した対処法です。

なので、「絶対コレ!」というものではありません。

個人的な考え方で、偏りもあることをご理解くださいネ。

 

そんな、

経験から得たマイメソッド、

「3つのタイプ」

f:id:acco-contents:20211030185726p:plain

これをザックリと。

共有させてもらいますネ。

 

※あくまで、全ての人がこのタイプに分けれる、ということではなく、

経験上、「多い傾向」と感じるものであり、実際には性別や年齢は関係ありません。

「雰囲気・感触」から得られる「特徴」として読んでいただきますよう、ご理解をお願いしますネ。

 

 

ちなみに、もっとわかりやすく伝えたい、そんな時だけで大丈夫です。

f:id:acco-contents:20211030190754p:plain

 

今回のお話は、書籍を手に取ってくれた人へ、

「わかりやすく伝えて、悩みやお困りごとを解決してほしい。」

そう思っている場合に限定した考え方でもあります。

 

それはなぜかというと、

 

書籍を買いたい人に、合わせに行き過ぎると、

書籍制作者本人のオリジナリティや、一貫性が崩れるリスクもあるからです。

 

個性やこだわりを大切にしている人も多くいます。

私も、個性の強い電子書籍が大好きです。

 

今回は、ある意味「読み手ファースト」な考え方とその方法でもあります。

なので、

「伝えたいことが、イマイチ何だか、伝わらないんだよナー。あの人に・・・。」

という悩みのある方の、ヒントのひとつにしていただけたら嬉しいです。

 

代表的な3つのタイプ その特徴

f:id:acco-contents:20211030191340p:plain

 

スノーボードの指導は、その場の反応を見ながら、

アドリブで調整したり対応することが可能です。

 

その理由は、

直接コミュニケーションが取れて、結果がすぐ確認できるから。

 

接客業や営業職などの、直接お客様と関わるお仕事をしている人には

よくわかってもらえる事だと思います。

 

もしも電子書籍でコレがしたい場合には、

この環境を、事前に電子書籍の中で作り上げておく必要があります。

 

そんな、

「3つのタイプの特徴と、伝えるためのヒント」です。

 

タイプ① お子様タイプ

f:id:acco-contents:20211030193520p:plain

・見たままのことをそのままできる

・集中できる時間が短い

・楽しくないとやりたくない

 

子供には「見たままのことをそのままできる」という、うらやましい才能があります。

説明や解説は、ほとんど見ないし聞いていない。

それでも、できる。

視覚的にお手本を見ることができれば、恐怖心や先入観、固定概念といったものを持たずに、そのまま行動できます。

 

集中できる時間は短めです。

身体的に未熟だから、というのもありますが、彼らは加減しないで、最初からフルスロットルで行動します。

こちらの方が大きな理由と言えます。

 

楽しくないとやりません。

全力でイヤがりますが、中にはつまらないのに淡々と行動できる子供もいます。

習い事や学習になれていて、保護者の方からしっかりと教育をうけている子供と思われます。

 

POINT:電子書籍でスッキリして欲しい場合には・・・

・お手本は絵の方が伝わりやすい。

電子書籍の中に動画のURLを貼り付けておいて、それを視聴してもらう。

・なるべく文章は短くする。

・クイズ方式にしたり、ゲーム感覚になれるように工夫する。

・飽きさせないように挿絵を多めにしたり、カラフルにする。

 

タイプ② 女性タイプ

f:id:acco-contents:20211030193725p:plain

・見たままをすぐにスナオに行動できる

・急に苦手意識や恐怖心が生じる時がある

・すぐに簡単に結果がでることが好き

 

女性タイプは、お子様タイプと良く似ています。

お子様タイプが更に進化して、大人の良い所と子供の良い所を兼ね備えた、いわばハイブリッドな才能の持ち主が多いです。

シンプルな説明のみで、スナオにすぐに行動できて、結果もすぐに出せます。

理論よりもイメージの方が伝わりやすい傾向があります。

 

学ぶことやチャレンジすることにハードルの高さを感じると、途端に苦手意識や恐怖心、迷いが生じます。

子供よりも体力も集中力も高いのに、我に返る、ではないですが、

もうちょっとやれば、もっとランクアップするのに!

ということや、それまで上手くいっていることだとしても、急に自主的にブレーキがかかることがあります。

 

すぐに簡単に結果の出るものを好みます。

「大変そう」「時間がかかりそう」こういったものには魅力を感じません。

逆に結果が小さめでも、「すぐに達成できそう」「簡単そう」「楽しそう」といったものを好みます。

また、「第三者から見てもわかる結果」だと、更に頑張ることができます。

 

POINT:電子書籍でスッキリして欲しい場合には・・・

・イメージしやすい画像や、シンプルな解説を。

・少しづつ段階を踏んで、丁寧に。

・最終的でハイレベルな結果よりも、すぐに叶えられる、途中の結果のイメージと解説に重きを置いて、わかりやすく定期的に伝えて行く。

・また、女性タイプとお子様タイプは相性が非常に良く、工夫次第で、共通の電子書籍を一緒に楽しんでいただくことも可能です。

 

タイプ③ 男性タイプ

f:id:acco-contents:20211030200718p:plain

 

・理解と納得ができないと行動しない

・考えることに時間と努力を惜しまない

・行動し始めると止まらない

 

男性タイプだけは、他とは全く異なります。

他とは真逆です。

「とりあえず、これをやってみたらわかるヨ!」という言葉は通用しません。

自分の中で理解をして納得できないと、ノリでとりあえず始める、ということには、抵抗感を抱いてしまい、結局何もしない、というケースもあります。

 

理解と納得をするために、時間や努力を惜しまず使える。

なぜそうなるのか、どうするとこうなるのか、などなど、最終的な目標達成のための具体的な方法や、物事の理解、それを始める理由や根拠、そういったものの説明を好みます。

イメージよりも理論を重要視します。

 

行動し始めると止まらない人が多いです。

納得するまで行動しないものの、納得して決意してからは、継続して行動できる傾向があります。

行動し始めると、理解が深い分、ハイレベルなことにも、抵抗なくチャレンジできます。

最終ゴール設定が明確で、物理的・理論的に可能な場合に限り、途中でブレたり挫折しない人が多いです。

 

POINT:電子書籍でスッキリして欲しい場合には・・・

・目標達成するまでの条件と解説を丁寧に伝える。

・文章は長くても大丈夫。納得してもらうための文章を作る。

・最終的に得られるものや、叶えられるものを最初から伝える。

・行動できるための具体的な方法も伝える。

 

アナタの電子書籍は、どんな人がスッキリ解決してくれますか?

f:id:acco-contents:20211030201559p:plain

ここで改めて、

「自分の電子書籍は、どんな人のスッキリのお手伝いができるのか?」

と思いました。

 

Amazon Unlimited 登録している人は無料で読めます。良かったら読んでくださいネ。)

 

ついでに何なら電子書籍も作ってみてくださいネ!笑

 

・・・。

 

私は個性的な電子書籍が大好きです。笑

 

 

「ザックリ」と言いつつ、長くなってしまいました。

ここまで読んでいただき、本当に感謝です。

ありがとうございます!

f:id:acco-contents:20211024135657p:plain

ではまた!

あっこでした。