電子書籍をつくるブログ

電子書籍が、あなたのビジネスを応援します。

【電子書籍】憧れのヒーローになれる。それは今。決まっていますか?【著者名】。

f:id:acco-contents:20211029104643p:plain

いろんなビジネスを優しくサポートする電子書籍

その電子書籍をつくる人を優しくサポートしている人、あっこです。

 

「最近灯油が高くなってきたんだけど、ファンヒーターとエアコンって、

結局どっちが得なんだろう?」

と、原油価格の高騰のせいで悩みが増えて、電子書籍制作のことまで気が回せない、

悩み多き人のことも、もちろん応援しています。

 

電子書籍制作に興味を持っている方は、

考えていますか?

【著者名】。

今日はそんな著者名について。

 

 

電子書籍を出版した瞬間に【著者】という肩書が手に入る。

f:id:acco-contents:20211029113910p:plain

 

電子書籍を出版すると、「著者」という肩書を得ることができます。

もしも、書籍を誰かが購入してくれたら、「販売実績」という、「実績」も得ることができます。

 

どんなに簡単でも

どんなに収益が少なくても(無料でも)

 

そこから

 

「全くのゼロの人」とは違う人

ある意味「突破した人」になれます。

 

そんな、簡単に著者になれる電子書籍で、意外と悩む人が多いコレ。

「著者名」。

もう考えていますか?

 

もしも悩んでいる人がいたら、参考やキッカケにしていただけたら嬉しいです。

 

憧れていた名前になれるチャンスです

f:id:acco-contents:20211029114648p:plain

 

「アッコちゃんとペアでアイドルになるなら、

私が『夢山虹子ちゃん』、アッコちゃんは『星空月美ちゃん』ネ!」

 

「もしもドラゴンボールに出るなら、『チャーハン』が良いナ!」

 

子供の時に、こんな風に自分がアイドルになるなら、どんな芸名にするのか、

好きなテレビのキャラクターになるなら、どんな名前にするのか、

 

友達と一緒に妄想を楽しんだ経験はありませんか?

 

(ちなみに、私が子供の頃、日本のイナカには「コラボ」や「ユニット」というシャレたものはまだ上陸しておらず、二人組の呼称と言えば、

「ペア」(代表格:ビューティーペア)or「コンビ」(代表格:今いくよくるよ

 この2択しか知りませんでした。)

 

あの頃なりたかった「チャーハン」になれる夢が今、叶えられますね!

 

著者名設定には、他のSNSにありがちな、名前のカブりNGルールは、ありません。

自由に設定することができます。

 

Amazon著者セントラル

f:id:acco-contents:20211029114850p:plain

AmazonKindle本を出版する際に登録する、AmazonKDPには、

個人出版者のマーケティングをフォローしてくれる、

Amazon著者セントラル」というものがあります。

 

しかも無料。

 

大変ありがたい仕組みのひとつです。

 

著者セントラルは、著者本人の情報や書籍が登録されているページです。

ここに、

・出版書籍の登録

・著者の情報

・写真や動画

など、いろいろなことが登録できます。

 

著者をフォローする機能もあり、

新刊の発行やキャンペーンをフォロワーさんに通知することもできます。

 

ここで登録する名前は、本名じゃなくてもOKです。

著者名で良いのです。

 

Amazon

著者セントラル

著者名は、書籍ごとに違うものにすることも可能。

f:id:acco-contents:20211029115556p:plain

 

先程の著者セントラルは、必ず登録しなければいけない、というものではありません。

 

そして、

著者名は、出版する書籍ごとに、違うもので登録することも可能です。

ペンネーム」として考える方が、イメージしやすいかもしれませんネ。

 

なので、

 

いろいろな良い名前が浮かび過ぎて、決められないヨー。

 

そんな人も、ムリしなくても大丈夫です。

都度、好きな名前を名乗れるから安心ですネ。

 

とは言え、ひとつに絞った方がビジネス的には絶対、良いヨ!

f:id:acco-contents:20211029120611p:plain

 

ここまでに、著者名にまつわる、驚きの自由度を伝えておいて何ですが、

 

・ビジネスのために電子書籍を活用したい

電子書籍単体で稼ぎたい

 

こう考えている場合には、

名前をコロコロ変えずに、

 

・著者セントラルに登録する

・同じ著者名で書籍を出版する

 

こちらの方法をオススメします。

 

自分の名前をひとつに決めてアピールする方が、

関連付けて気づいてもらえるチャンスが増えたり、

 

ファンになってもらって、

フォローしてもらえる確率がグンと上がりそうですよネ。

 

【オマケ情報】あっ。コレね。名前の一文字目にオススメです。

f:id:acco-contents:20211029121442p:plain

これは著者名、というよりは、

その先での展開や、関連づけるビジネスでのオススメです。

 

ここまで読んでくれた優しいあなたと、共有させてもらいますネ。

 

先に伝えさせてもらいますが、

これは、

ものすごく偏っている個人的な見解であり、マイメソッドでもあります。

もしも活用する際には、自己責任でお願いしますネ。笑

 

その一文字は、ズバリ、

「あ」・「A」

です。

 

私の「あっこ」は、本名です。

 

というのは、ウソです。

 

小さい頃からのアダ名です。

みんなには内緒にしてくださいネ。笑

 

名前を付ける際に、

これよりも自分にピッタリの良いものが、

私には、考えることができませんでした。

 

なぜかというと、

「考えるのが途中で面倒くさくなった」

のも正直ありますが、

 

今までに、この「あ」・「A」のおかげで、

いっぱいラッキーな思いをしてきたからです。

 

ビジネスをする人にとっても、

もしかしたらラッキーなことが、あるかもしれません。

 

・お客様のスマホに入っている連絡先の上位に表示されるカモ

・名前順にすると一番上に出て来るカモ

 

間違って電話がかかってくることも多いですが、

名前のおかげで良い思いをしたことの方が多いです。

 

もしも参考になれば。

 

 

 

ここまで読んでいただき感謝しています。

ありがとうございました。

f:id:acco-contents:20211024135528p:plain

ではまた!

あっこでした。