電子書籍をつくるブログ

ゼロからつくる!副業ブログのためのKindle本!特化型Kindle出版!

【Googleアドセンス 問題解決】ads.txt設定をしてブログと収入を守ろう!

f:id:acco-contents:20220115210734p:plain

 

「要注意 - 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください」

Googleアドセンスを見に行ったら、こんな表示がされていて、次のキンドル本を作るのよりも、先にコッチを解決しようとした、あっこです。

でも、『ブログにはキンドル本!』 この思いはいつも心で燃えていますので、安心してくださいネ。

 

この表示って、見たことありますか?

これって恐ろしいですよね。

私はパソコンが得意ではなく、カタカナや文章の意味がよく分からないため、おそらく誰よりもビビった自信があります。笑

 

ドメインの形態や、レンタルサーバーの会社によって、条件は異なります。

私は、Xサーバーを使用しています。

 

もしも、同じ条件の場合、あるいは同じ所を検討中の場合に、お役立ていただけることがあれば嬉しいです。

※1)Xサーバーの人限定にはなりますが、とっても急いでいる場合には、

目次の「※ads.txt設定を今すぐ解決したい人へ」
こちらを見てもらえれば、少しは早く設定ができるハズです。

時間ができたときに、ご自身のブログを守るために、読んでいただけたら嬉しいです。

 

※2)設定後、反映されるまでに、1ケ月以上かかる場合もあるそうです。

もしも正常に設定できていたとしても、あのピンク色の注意メッセージが出ているだけなのかもしれません。

設定の心当たりがある人は、落ち着いて今一度、サーバーパネルで確認することをオススメします。

 

「ads.txt」って、何??

support.google.com

(引用元:Google AdSenseヘルプ)

 

この設定は、なりすまし防止策のひとつです。

勝手に広告を貼られると、その分自分の広告枠が減少して収入が減ります。

また、内容によってはGoogleアドセンスの広告自体が、停止になる恐れもあります。

 

Googleさんには広告枠を使ってもらいますが、他の人はダメですヨ。」

ということを、サーバーに登録して、なりすましを未然に防ぎます。

 

サイト用のads.txtファイルを作成する

1.AdSeseアカウントに[ログイン]。

青字になっています。そこをクリックです。

以下、クリックするところは文章で『[  ]』←このように表記します。

f:id:acco-contents:20220115163906p:plain

2.[今すぐ修正]

f:id:acco-contents:20220115164126p:plain

3.「対象のサイトで~」の、右側[∨]。

f:id:acco-contents:20220115163323p:plain

4.[ダウンロード]で、ads,txtファイルをゲット。

f:id:acco-contents:20220115165259p:plain

 

ダウンロードしたテキストは、こんな感じです。

f:id:acco-contents:20220115165812p:plain

google.com, pub-****************, DIRECT, f08c47fec0942fa0】

下記『』の箇所は、16ケタの数字。

この数字は、自分のパブリッシャーIDです。

その他は、他の人も共通です。

 

これで、ads.txtファイルの入手は完了です。

異なるサーバーでも、ここまでは共通の作業となります。

 

(5.任意)

(任意)として、「使用している広告ネットワークが他にもある場合には、ads,txtに追加してください。」とあります。今回は省略しますネ。

 

6.『ads.txtファイルをサイトのルートディレクトリにアップロードします。』

「ルートディレクトリ??」

「トップレベドメイン直下のディレクトリ(フォルダ)を指します。」

との補足が入っていました。

「親ドメイン直下のフォルダ」ということですネ。

 

ー------------------------

 

ここから先は、サーバーに移動します。

 

レンタルサーバー各社で、登録方法も異なります。

Xサーバーでの解決方法のみになりますが、お伝えしますネ。

 

Xサーバーには、ads,txt設定の専用メニューが用意されているヨ!

f:id:acco-contents:20220115221051p:plain

Xサーバーには、ads,txt設定用のメニューが、用意されています。

パソコンが苦手な私は、イロイロなサイトを見て、迷子になりました。

 

以前、アドセンス申請の時には、Googleやサーバーのヘルプを見ると良い、

と言っておきながら、、、

(関連記事: https://accolog.blog/2021/12/21/211221-c/  )

 

また迷子になっていました。

こっちを先に見れば良かったー---!

 

ここからはXサーバーでの手順になります。

 

1.サーバーパネルの[ads.txt設定]

f:id:acco-contents:20220115192718p:plain

2.対象のドメインを選択する。

f:id:acco-contents:20220115193213p:plain

3.ads,txt設定

f:id:acco-contents:20220115194008p:plain

(1)[ads.txt設定追加]タブ
(2)各項目に入力をする

 先ほどダウンロードしたTXTをコピペしていくと、作業が楽です。

 コピペ箇所はアンダーラインで表示しています。

 

  • 広告システム:『Google.com』と入力。

    google.com, pub-****************, DIRECT, f08c47fec0942fa0)

  • サイト運営者ID:『pub-(16桁のパブリッシャーID)』
    google.com, pub-****************, DIRECT, f08c47fec0942fa0)

  • 契約種別:[DIRECT]を選択
    google.com, pub-****************, DIRECT, f08c47fec0942fa0)
    本人が本人のIDとアカウントで直接管理していれば、[DIRECT]のTXTが発行されるようです

  • 認証機関ID:『f08c47fec0942fa0』と入力。
    google.com, pub-****************, DIRECT, f08c47fec0942fa0
(3)[確認画面へ進む]

4.デジタル販売者を[追加する]。f:id:acco-contents:20220115204042p:plain

5.設定完了です。

f:id:acco-contents:20220115205037p:plain

 

※ads.txt設定を今すぐ解決したい、急いでいる人へ。

 

1.Googleアドセンスホームの[アカウント情報]で、自分のパブリッシャーIDが確認できます。

 

2.それを『』の箇所に置きかえます。

google.com, pub-****************, DIRECT, f08c47fec0942fa0】

 

3.あとは、前述の『2-1~』のサーバーパネルでの設定に取りかかります。

 

 

大切なブログと収入を守ろう!

f:id:acco-contents:20220115223300p:plain

 

Googleアドセンスの広告があるということは、今まで努力してきた証拠でもあり、とても大切なものだということでもありますよネ。

そんな大切なブログが、なりすましの被害に合うなんて、悲しすぎます。

ads,txt設定をして、ブログを大切に守りましょう!

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。

f:id:acco-contents:20220110011543p:plain

ではまた!

あっこでした。