電子書籍をつくるブログ

電子書籍をつくりたいとき、拾ってもらえるコトがあったら幸いです。

無料だし! KDPに登録してみよう Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング

f:id:acco-contents:20220127000144p:plain

kindle本をチャッカリつくって、副業ブログを強化しよう!

と思っている人を応援している、あっこです。

 

「何だか難しそうだし!よくわからないし! 不安だから始めれない!!」

という人も応援しています。

 

あの世界のAmazonで、自分の電子書籍を、販売する。

 

費用がかかりそう。

時間もかかりそう。

何か大変そう。

 

そんなイメージを持っている人のために、お役立ていただけれたら嬉しいです。

 

今日は、Amazonkindle本を出版するのに必要な、

KDPの登録について。

 

です。

 

 

AmazonKDPに登録する方法

f:id:acco-contents:20220127000302p:plain

Amazon KDP」は、

Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング」の略です。

 

そして、そのAmazonで販売されている、電子書籍のことを

Kindle本」と言います。

 

このkindle本を出版するためには、『AmazonKDP』の登録が必要です。

この登録作業には、こんな特徴があります。

 

  • お金がかからない。無料で登録できる!
  • あっという間に登録が完了する!
  • アレ?! とってもカンタン!!

 

いつでもすぐに、登録できます。

もしも書籍データが、用意できてなくても大丈夫なんです。

 

いつでも好きなときに、時間を取らずに登録できます。

 

kindle本に興味があるけど、時間がないし、ハードル感じる。。」

 

と感じている人には、まずは登録をしてみることをオススメします。

 

1.「K」と「D」と「P」! たった3文字で見つかる入口。

f:id:acco-contents:20211219064310p:plain

パソコンで、

「KDP」

という3文字を入力するだけで発見できます。

 

「AmazonKindleダイレクト・パブリッシング」

 

コチラのURLをクリックすれば、ワンクリックです。

kdp.amazon.co.jp

(引用元:AmazonKDP)

 

2.フロントページ

f:id:acco-contents:20220126223745p:plain

右上の枠が、サインインのための入口です。

 

f:id:acco-contents:20211219064626p:plain

 

ページ右上の方にあります。

Amazonアカウントを既に持っている人は上、

ない人は下です。

今回は、アカウントありの設定で進みますネ。

 

上の『サインイン』をクリックします。

 

3.サインインする

f:id:acco-contents:20220126224211p:plain

 

私は既存のAmazon情報でログインしました。

Amazon関係は、ひとつのアカウントで一元管理しています。

 

もしも情報を分けて使用したい場合は、新たにアカウントを作成して登録します。

 

4.登録完了!

f:id:acco-contents:20220126232807p:plain

 

たったこれだけで、いつでも書籍出版ができる状態になります。

電子書籍を出版している人は、ここから出版をしたり、日々の販売状況などを確認しています。

 

よくある質問

f:id:acco-contents:20220127000441p:plain

ここに、私のメルマガの講座生さんからいただく質問で、特に多い2つについて紹介しますネ。

知りたかったことだったら嬉しいです。

 

Q1. Amazonアカウントの本名が、そのまま公開されるのでは?

A:大丈夫です。

電子書籍ペンネームで出版できます。

アカウント情報とは別で、著者名の登録があります。

しかも、出版著者名は、書籍ごとに変更することも可能です。

 

Q2.お金がかかるのでは?

A:大丈夫です。

無料で登録できます。

もちろん、その先の電子書籍の出版も、無料でできます。

 

とりあえず登録して、kindleを知る♪

f:id:acco-contents:20220127001027p:plain

 

このように、AmazonのKDPは、安心してお金をかけずに登録できます。

このKDPのページにあるヘルプで、いろいろなことを知ることができます。

 

とりあえず登録して、雰囲気を感じてみたり、イメージすると楽しいですヨ!

オススメです。

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。

f:id:acco-contents:20220126003604p:plain

ではまた!

あっこでした。