電子書籍をつくるブログ

電子書籍をつくりたいとき、拾ってもらえるコトがあったら幸いです。

そのままでもOK!

f:id:acco-contents:20220323072959p:plain

 

電子書籍をつくって、ブログに設置すると良いことが!

応援してます。

あっこです。

 

Amazonのアカウント、そのまま使ったらヤバいかも?

 

電子書籍に興味はある。

Amazonアカウントは、お買い物するから持っている。

コレって、そのまま使っても大丈夫なのか?

もしかして、登録している氏名がそのまま公開されるのカモ・・・?

 

不安になっている人へ、連絡です。

 

 

 

そのまま使用してもOK!

f:id:acco-contents:20220323072550p:plain

 

 

結論から伝えます。

 

 

安心してください!

 

大丈夫ですヨ!

 

 

私は既存のAmazonアカウントでKDPに登録しています。

 

 

この3つを共通のAmazonアカウントで管理しています。

 

 

でも・・・それって・・・
本名が公開される・・・?

f:id:acco-contents:20220228235813p:plain

 

 

Amazonアカウントに登録している氏名が、世界のAmazonから、出版書籍とともに世界に公開されてしまう?!」

 

これは、恐怖以外のなにものでもありませんね。

怖すぎます。

 

もしかしたら、そこにステキな運命の出会いが、あるかもしれません。

 

しかしそれよりも、

リスクとトラブルとの出会いの確率のほうが、圧倒的に高いですね。

 

でも、ここで知ってほしいことがあります。

 

著者アカウント

f:id:acco-contents:20220323063954p:plain

 

AmazonKDP(kindleDirectPublishing)には、著者用のアカウント登録があります。

ここで登録する「氏名」が、著者プロフィールや著者名に反映されます。

 

f:id:acco-contents:20220323064414p:plain

 

この著者アカウント登録の「氏名」のところを、本当の氏名にすると、世界に本名が公開されてしまうリスクがあります。

 

公開したい名前をここに登録すれば、大丈夫です。

 

 

ちがうペンネームでの出版もOK!

f:id:acco-contents:20220323065449p:plain

 

Amazonで出版するときには、書籍ごとにちがうペンネームをつけることもできます。

 

「著者名」についての記事です

e-book.accoacco.site

 

いつでも、好きな名前で出版することが可能です。

安心ですネ!

 

 

登録してみよう!

f:id:acco-contents:20220323071246p:plain

 

電子書籍、つくってみたいけど、まだ先だ。。

 

という人でも、書籍がなくてもアカウント登録は、いつでもできます。

 

お金もかかりません。

 

そして著者名は、悩み始めると、意外と時間がかかるものでもあります。

 

とりあえず、本がなくても登録をしてみて、どんな感じか様子をみる。

KDPに慣れておく。

準備しておく。

 

そうしておくと、

 

急に名作ができて、

急に出版したくなったとしても、

 

モタつかず迅速に、ステキな著者名で出版することができますネ!

 

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。

f:id:acco-contents:20220323071520p:plain

ではまた!

あっこでした。