電子書籍をつくるブログ

電子書籍をつくりたいとき、拾ってもらえるコトがあったら幸いです。

めっちゃ儲かるかもしれん。 (私ではない誰かが。笑)

f:id:acco-contents:20220301194936p:plain

 

自分のブログにピッタリな電子書籍って

どこにあるんだろう?

 

そっか。

 

心の中にあるんだね。

 

応援してます。あっこです。

 

 

ネット検索で、「キンドル」のつもりが「キンソル」と入力してしまう。

 

そんなときって、ありますよネ。

 

キンドル」は、Amazon電子書籍のことですが、

 

「キンソル」は、

刃牙スマホゲーム「バキ KING OF SOULS」 略して「キンソル」なんですね。

今月配信予定みたい。

bakigame.jp

 

 

外部流通機能


Kindle direct publishing の機能です。

興味のある人の、参考になることがあったら嬉しいです。

 

 

外部流通?

f:id:acco-contents:20220301195244p:plain

 

これは、Amazon Kindle direct publishingの、書籍の販売方法のひとつです。

 

もしかしたら、

 

「一度にいっぱい書籍を購入してもらえるかもしれない!」

 

という、夢がいっぱいの販売機能です。

 

通常のkindle書籍は、Amazonで書籍を見て、

 

「読みたいかもー。」

 

と、ポチっとしてくれる個人の方がいると販売、または、kindleUnlimitedで読み放題の場合には、ダウンロード、という流れと仕組みですね。

 

 

この外部流通というものは、ちがいます。

すごく、ちがいます!

 

外部流通の登録ができると、Amazonが連携している取次会社さんにも、その書籍を販売できるようになります。

 

取次会社さんが、もしもその書籍を

 

「コレも、取り扱おうカナー♪」

 

と、判断してくれた場合には、

 

何と!

 

そこに発注をしている、

 

書店や!

図書館や!!

小売業者までもが!!!

 

その書籍を気に入れば、注文してくれる!!!!

 

(かもしれない!!)

 

という仕組みです。

 

この外部流通の登録には、当たり前かもしれないですが、

結構、厳しめで多めの要件と注意点があります。

 

気になる部分をいくつかピックアップしました。

 

 

ペーパーバック限定

f:id:acco-contents:20220301212241p:plain

 

当たり前かもしれませんが、ペーパーバックの販売のみです。

電子書籍は対象ではありません。

 

 

ハードカバーは不向き

f:id:acco-contents:20220301202906p:plain

 

「注:ハードカバー本は外部流通に適していません。」

 

と、注記されています。

 

「ダメ」

 

ではなく、

 

「適していません」

 

これには、何か深い事情があるのかも、、、しれませんね。

 

確かに、印刷がAmazonではなく、外部の会社の委託先になる場合、仕上がりがだいぶ変わるケースも考えられます。

 

そもそも今の所、Amazon.co.jpでは、ハードカバーでのペーパーバック出版自体が、まだできません。

 

でも、近い将来、できるようになる可能性もあります。

 

トラブル回避のためにも、設定しない方が良さそうですね。

 

原作者の許可のない、書籍の要約と書評。

f:id:acco-contents:20220301203746p:plain

 

こういう本って、いっぱいありそうなイメージだったから、おどろきました。

でも、許可を取ればOKなんですね。

 

ハードルが、とてつもなく高いですね。

 

 

高濃度なインクが必要な本文ページのある本

f:id:acco-contents:20220301204013p:plain

 

これって、、、

写真集や、ベタ塗りの多い絵本も、対象になりそうですよね?

 

「英語は全然わからないけど、写真や絵なら、外国の図書館にも届くかも!」

 

と思っている人の、夢が叶わないことに?

何だかちょっと寂しい気持ちにもなりますね。

 

でも、個人向けの電子書籍ならば、いつでも届けることができますネ。

 

外部機能の申請をしてみて、もしもNGだったら、

 

  • 写真・絵を小さめにする
  • 写真・絵を減らす
  • 色彩濃度を淡くする
  • ベタ塗り・濃い目のトーンの比率を下げる

 

など、何かしらの工夫が必要になりそうですね。

 

 

イギリスとアメリカのみ

f:id:acco-contents:20220301204519p:plain

 

対象のマーケットプレイスは、今の所、

この2か国のみです。

 

Amazon.co.jp は、まだです。

 

これも気をつけた方が良いですね。

 

おそらく、英語の翻訳などで解説を入れないと、ナカナカ見つけてもらえなそう!

中身はどうなんだろう?

 

これを機に、英語版のペーパーバックをつくってみても、楽しいかもしれませんね。

 

気になるロイヤリティ!!

f:id:acco-contents:20220301204639p:plain

 

それはズバリ、

 

40%です!!

 

これにも注意が必要ですね。

 

Amazonでの個人向けペーパーバックのロイヤリティは60%。

だいぶちがってしまいます。

 

そして、そこから印刷代や手数料が引かれると、かなりの差になりますよね。

どれくらいちがうものなのか、テストしてみました。

 

変更前

f:id:acco-contents:20220301094226p:plain

 

サンプルは、個人向けのAmazonでのペーパーバックの内訳です。

  • 小売価格:¥900
  • 税:90
  • 印刷コスト:¥519
  • ロイヤリティ:¥21
  • ペーパーバックの種類
       本文:プレミアムカラー
       用紙:白

 

マーケットプレイス

やはり、説明のとおり、外部流通の、Amazon.JP の欄には

「このマーケットプレイスでは提供されておりません」

とされていています。

Amazon.comAmazon.co.ukには、ちゃんと「40%」が表示されていました。

ちなみに、この2つのマーケットプレイスは、それぞれ個別で登録が必要です。

 

最小価格にチェックを入れて・・・

と思ったのですが、できませんでした。。

 

かわりに、こんな表示が出ていました。

 

f:id:acco-contents:20220301100503p:plain

f:id:acco-contents:20220301210156p:plain

私のペーパーバックは、要件を満たしていないようです。

 

インクの比率?

サイズ?

それか別の理由??

 

本当はお見せしたかったのですが、残念です。。

 

まだまだ研究が必要です。

 

今度成功したら、また改めて報告させてもらいますネ!

 

サイズにも要件がある

結構細かく取り決められていました。

良かったらご参考に。

f:id:acco-contents:20220301100910p:plain

(引用元:Amazon Kindle Drect Publishing ヘルプページ)

 

何ていうか、この表って、、

 

正直、見づ、、

いや、

そんなことは、いつもお世話になっているAmazonさんに、私の口からは、言えないですが、普通に見づらいですよね。笑 

 

まちがえそう。笑

 

大量に購入されるかも!

f:id:acco-contents:20220301211142p:plain

 

今回は、ビフォーだけを見せたクセに、アフターは見せない。

 

という、

 

大変、不甲斐ない進捗結果ではありますが、この外部流通は、ロイヤリティは少ないけれど、

ペーパーバックの内容によっては、

 

一度に大量に購入してもらえる可能性! 大!!

 

ですね!!

 

もしも大学や、人数の多い団体などで使用する、資料や参考書に選ばれたら、すごい冊数になりますよね!

 

夢があります!!

 

興味のある人は、一度KDPをのぞいてみてくださいネ!

 

私は、それ以前に、外部流通ができるペーパーバックにできるよう、

がんばります!

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。

f:id:acco-contents:20220211182804p:plain

ではまた。

あっこでした。