電子書籍をつくるブログ

電子書籍をつくりたいとき、拾ってもらえるコトがあったら幸いです。

まさかだけど、予防接種の確認事項。いや。まさかネ!w

f:id:acco-contents:20220301000710p:plain

 

自分のブログのためのKindle本。

つくってもっと稼ぎたい。

応援してます。あっこです。

 

予防接種3回目の確認事項

 

みなさんは、接種しましたか?

私は昨日が接種予定でした。

 

昨日ひとつ学んだことがありました。

共有させてもらいますネ。

 

これを読んで不安になった人は、是非とも今一度ご確認を。

 

 

家族からの連絡

f:id:acco-contents:20220301000216p:plain

 

私は単身赴任をしています。

地元(車で30分くらい。笑)でワクチン接種するタイプです。

 

先日、母から、

 

「ワクチンの通知が届いたよー。」

 

と、連絡が入りました。

 

姉も、予診票の画像をラインしてくれました。

 

「2月27日(日)AM11:30からなんだねー。意外と早かったね!」

 

「教えてくれてありがとうネ! 当日行くからね!」

 

母に礼を伝え、電話を切りました。

 

そして、昨日のAM10:30過ぎに、私は実家に到着しました。

若干ギリギリ気味でした。

 

不安すぎる3回目

f:id:acco-contents:20220301000115p:plain

 

2回目の時には、熱が出て、頭も痛くて、体もツラくて、

中年なのに、若者の仲間入りができた気分になれて、少し嬉しい気持ちにもなりました。

 

2回目で具合が悪かった人は、3回目なんてもっとヤバいのかも?

と、とても不安でした。

 

慌てて熱をはかり、「36度5分」と、予診票に記入して、他の太枠の欄も埋めました。

記入モレがないかチェックをして、

 

「もっと早い時間だったら間に合わなかった! 良かったー! 行ってくるね!」

 

接種会場へと急いだのでした。

 

何かが、おかしい、、

f:id:acco-contents:20220228235813p:plain

 

会場に到着してから、何か、違和感がありました。

何かが、おかしい、、

そんな感じがありました。

 

人の少ないイナカの接種会場は、流れるようにスムーズに案内してもらえます。

その違和感を確認するヒマもなく、受付の列へと進みました。

 

受付まちの間に、スタッフさんが、持参した予診票を先に回収してくれました。

 

そして、書類チェックに向かったスタッフさんが、予診票を持って、すぐに戻ってきたんです。

 

「事前に、ご連絡いただいていますか?」

 

「え? 何も連絡してないですよー。」

 

「では、、今日はちょっと予定の日よりも、アレですね、、、。」

 

 

ん?

 

 

、、、!!

 

スタッフさんが指さす予診票を見たら、大きくこう書いてありました。

 

「3月27日(日)」

 

そうです。

私は1ヶ月早く、ワクチン接種に行ってしまった人なのでした。

 

母も私もおっちょこちょい

f:id:acco-contents:20220228234749p:plain

 

「ヤダー! 恥ずかしいー!!」

 

私は会場から、チョー早歩きで帰ってきました。

 

会場に着いた時の違和感は、まさにそのまちがいから、起きていたものでした。

 

明らかに、集まっている人たちの年齢層が、高かったんです。

同世代っぽい人を、見かけることはなく、

 

70代くらい?

の、オジサマとオバサマしか、いなかったのでした。

 

何かが、おかしい、、

 

と、違和感を持っていたのは、逆に、周りの人たちでした。

私の方が違和感のモトだったのでした。

 

母も私も、あんなに何回も見たというのに、親子ともども今月だと思い込んでいました。

 

「親子ってもんだねー!」

 

と、2人で笑いながら、母の作ったチャーハンを食べました。

美味しかったです。

 

逆じゃなくて、本当に良かった。

 

接種予定日を再確認してネ!

f:id:acco-contents:20220228234251p:plain

まさかとは思いますが、こんなことのないように、今一度接種予定日のご確認を。

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。

f:id:acco-contents:20220211182804p:plain

ではまた!

あっこでした。