電子書籍をつくるブログ

電子書籍をつくりたいとき、拾ってもらえるコトがあったら幸いです。

あなたはニュータイプですか?

f:id:acco-contents:20220205233625p:plain

kindle本を自力でつくって! もっと稼げるブログにしたーい!

という人を応援している、あっこです。

 

「あなたはニュータイプですか?」

目を引くキャッチーなタイトルづくりのために、

お役立ていただけたら嬉しいです。

 

「あなたは○○ですか?」

f:id:acco-contents:20220205233947p:plain

 

タイトルに使用すると、効果的な文章に、このようなものがあります。

○○の部分には、読む人が好奇心を持つような言葉を入れると、とてもキャッチーで目立つ文章になります。

 

センスがない私は「ニュータイプ」とか言っちゃって、使い方を完全に、まちがえていますけど、笑

本当は、このような方法になります。

 

  • あなたは、たった1滴つけるだけで、モテモテになる香水が欲しいですか?
  • あなたは、長年悩んできた腰痛が、ウソのよう治る方法を知っていますか?
  • あなたは、寝ている間に若返る方法をご存じですか?

 

このように、○○の箇所には、

簡単に欲しいものが手に入りそう、または、悩みが解決しそうな文章が入ると、

 

「欲しい!」

「知りたい!」

「気になるー!」

 

と、興味と好奇心に強く作用して、効果的に機能するとされています。

テレビの通販の番組などで、多く使われている手法でもありますね。

何気なく観ている番組でも、すごく買いたい気持ちになっちゃいますよネ!笑

 

「あなたはブライトさんをご存じですか?」

f:id:acco-contents:20220205234226p:plain



今回、この文章について、どんな例文が良いのか考えていたら、

ガンダムニュータイプのことしか、考えられなくなりました。

 

とは言え、私はそんなにガンダムに、詳しくはありません。

 

それでも知っている、「ニュータイプ」という言葉。

そして、それとセットで聞いていたこと。

 

ブライトさんは、ナゼかいつまでも普通の人だった!

ということです。

 

ブライトさんは、ガンダムの一番最初からいる人です。

地球連邦軍の軍人で、ホワイトベースの艦長を務めていました。

そんなブライトさん。

 

「あなたはニュータイプになりたいですか?」

f:id:acco-contents:20220206000104p:plain

 

とても長い歴史のあるガンダムの中で、ニュータイプというものは、その時々で、定義されているものが微妙に変化し、異なるようです。

具体的に「コレ!」と定義づけはできない「概念」とされています。

 

そんなニュータイプの人は、スゴい能力を持っています。

皆さんのほうが詳しいかもしれませんが(?)、

ガンダム音痴の私でも知ることのできた、特に驚いた情報を紹介しますネ。

(※ガンダム素人につき、解釈が浅く、偏りがあるかもしれませんが、ご了承お願いします。)

 

スゴい能力1

巨大なモビルスーツを操縦して戦うときでも、会話できる。

敵ともコミュニケーションをバッチリ取りながら戦えます。

今のオンラインゲームのようですね!

 

スゴい能力2

すごく離れたところにいる人とも、コミュニケーションが取れる。

今の便利なネット環境での、リモート会議やオンライン授業のようですね!

 

これだけではないですが、ニュータイプに進化した人は、とっても今時です。

 

そんなニュータイプは、いくつか条件はあるものの、接触している周りの人にも波及して覚醒し、ニュータイプになってしまいます。

 

ガンダムに登場する、アムロニュータイプです。

そんなアムロと一番長いお付き合いの、ブライトさん。

他のみんながドンドン覚醒する中、彼は最後まで覚醒することはありませんでした。

 

最後まで、普通の人だったのです。

 

「あなたは、ブライトさんの生き方を、好きになりましたか?」

f:id:acco-contents:20220206000344p:plain

 

私は今回、これらの情報を知ることができて、ブライトさんを大好きになりました。

アムロと出会ったとき、ブライトさんは19歳でした。

 

もしかしたら、その年齢がシンプルにアウトだっただけなのかもしれませんが、

周りのみんなは、脳波のようなもので、音もなくサクサクと会話ができる環境の中、たった一人、いつまでも普通の人の人生を、貫き通した生き様が、逆にとってもステキですね!

 

スマホMacも持ってないけど、ネット社会で長く活躍している人」

 

そんなイメージを持ちました。

ブライトさんは「普通である」ということが、完璧すぎるブランディングになっていますね!

 

「あなたは、簡単に大成功する方法を、知りたいですか?」

f:id:acco-contents:20220206001254p:plain

 

知りたいです。笑

でも、知らないからこそ、毎日が探検や冒険のようで、苦しい時もたまにあるけど、楽しいのかもしれませんネ!

 

日々、ブログ記事をつくったり、kindle本をつくったり、コツコツと継続している人は、

「簡単」に勝るものを、知っているのかもしれませんネ。

私も、これからもコツコツと、ともに歩んでいきたいです。

 

 

P.S.

「二度もぶった……親父にもぶたれたことないのに!」

有名なこのセリフが出たその場面では、ブライトさんの人柄も、少し知ることができました。

二回もアムロに手を上げておいて、その後、ブライトさんはこう言い放ちます。

「それが甘ったれなんだ。殴られもせずに一人前になったヤツがどこにいるものか!」

そのときブライトさんは、まだ19歳。

男気と大物感もすごいですね!

 

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。

f:id:acco-contents:20220126003604p:plain

ではまた!

あっこでした。