電子書籍をつくるブログ

電子書籍をつくりたいとき、拾ってもらえるコトがあったら幸いです。

あなたは、『こうどく』って、正しい漢字で書けますか?

f:id:acco-contents:20220326064917p:plain

 

自作の電子書籍は、取り組むことで自己成長もします。

お得じゃーん!

応援してます。

あっこです。

 

『こうどく』の書き方について知る

 

読者さんに、電子書籍をダウンロードしていただいて

『こうどく』してもらう。

 

この書き方について、知りたい人へ連絡です。

お役立ていただけたら嬉しいです。

 

 

『購読』?『講読』?『構読』?

f:id:acco-contents:20220326065532p:plain



忙しい人のために、先に結論からお伝えします。

 

  • 電子データの電子書籍
  • KindleUnlimitedでの無料ダウンロード

 

こういった条件で、シンプルに表現したい場合には、

 

『購読』

 

これが正解でございます。

 

『無料』というところが、

 

「どっちなんだろう?」

 

と、ひっかかる所でもありますよね。

無料だとしても、『購読』でOKです。

 

 

そして、

 

電子書籍の『こうどく』は、読者さんの行動と変化、心意気によって、

 

『購読』と『講読』

 

この2つの表現が必要にもなります。

ビックリです。

 

 

何かが・・・。おかしい・・・・。

f:id:acco-contents:20220228235813p:plain

 

ここだけの話、私は今、電子書籍についての動画制作に取り組んでいます。

文字と画像だけでは伝わりにくい所も、動画ならスンナリ理解できたり、動画でのインプットが合っている人もいますよね。

 

そんなワケで、動画制作する中で、違和感を感じることがあったんです。

 

 

「何かが、、おかしい・・・。」

 

 

その違和感を覚えつつも、いくつか動画を制作して、私はやっとその違和感の正体に気づくことができました。

 

 

「ん・・?! 『講読』・・・・?」

 

 

 

「『講読』・・・?! 

 

 ・・・もしかして『購読』・・・・

 

 なんじゃないのかっ・・・?!」

 

 

そのまま動画を公開しなくて良かったです。

意味について調べました。

 

 

『こうどく』の意味

 

・購読

f:id:acco-contents:20220326065815p:plain

 

ザックリ、シンプルだと、読み物を買って読むこと。

新聞や雑誌などの定期購入の時などによく使われます。

最近では、無料メルマガなどでも『購読』が多く使用されています。

問題の、無料でダウンロードできる電子書籍は、『購読』の使用で問題ないことがわかりました。

 

 

・講読

f:id:acco-contents:20220326065852p:plain

 

文章を読んで意味や内容を、理解して明らかにすることです。

その文章についての、講義や議論をする、という意味も持ちます。

文章から学び、何かを習得する。

テキストについてみんなで議論する。

そういったときに活躍する言葉でした。

 

 

・構読

f:id:acco-contents:20220326065925p:plain

 

このような文字は、私の調べた範囲では、見つけられませんでした。

『へん』がちがうだけで、パっと見、よく似ていて紛らわしいですね。

 

 

 

『購読』して『講読』する!!

f:id:acco-contents:20220326070041p:plain

 

  • 電子書籍をダウンロードしたけど、まだ読んでなーい。」
  • 電子書籍、さっき流し読みしたー。」

 

→購読!

 

 

 

→講読!

 

 

つまりは、電子書籍は、2段階で『こうどく』される場合もあるということですね!

 

  • 『購読』してから『講読』する。

  • 『講読』してから『購読』する。

 

このパターンがあり得る!! 

 

 

可能性は、あります。

 

 

多くの人に議論される電子書籍は、著者にとっても嬉しいものです。

あこがれますネ!

 

 

講読してもらいたーい!

f:id:acco-contents:20220326064635p:plain

 

電子書籍を講読してもらうためには、それに見合った内容であることが、必須の条件でもあります。

 

講読してもらえるような書籍がつくれるように、まずはイロイロな情報や文章を、講読する!

 

毎日が学びと発見で楽しいですネ!

 

電子書籍、楽しいです。

 

 

 

読んでいただき、ありがとうございました!

f:id:acco-contents:20220323071520p:plain

ではまた!

あっこでした。