電子書籍をつくるブログ

電子書籍をつくりたいとき、拾ってもらえるコトがあったら幸いです。

激ムズ!表紙サイズ問題!! Canvaで解決できるカモ! 【ペーパーバック、外部流通への道。】 

f:id:acco-contents:20220304004221p:plain

 

ブログと電子書籍

 

その組み合わせって、サイコーDAYONEー!

応援してます。

あっこです。

 

昨日に引き続き、

 

「外部流通で、ペーパーバックを大量に注文してもらって!

 ガッチリ稼ぎたいYONEー!」

 

と、ペーパーバックの外部流通に、夢と情熱を持った人のために

 

好きなサイズの表紙をカンタンにつくる方法

 

ホンコレ!

(「本日はこれ!」 まちがえてるYONEー!w)

 

調べました!

お役立ていただけたら嬉しいです。

 

 

オール「はい」の、テッパン判型サイズで表紙をつくる。

f:id:acco-contents:20220302071142p:plain

 

昨日の検証で、オール「はい」の必勝パターンは、2種類だ!

ということがわかりました。

e-book.accoacco.site

 

  • 13.97 x 21.59 cm (5.5 x 8.5 インチ)

  • 15.24 x 22.86 cm (6 x 9 インチ)

 

このサイズで表紙をつくる方法です。

操作方法は変わらないので、「6x9インチ」で進めてまいります。

 

使用ツールは

 

もちろん!

 

大好きな!

f:id:acco-contents:20220303222544p:plain

https://www.canva.com/

 

です!

 

以前、カンタンな表紙のつくり方を記事にしました。

e-book.accoacco.site

 

なので、デザインのつくりかたは省略します。

 

 

好きな「サイズ」の設定方法2パーターン

表紙デザインをつくるタイプで、2種類の方法が見つかりました。

 

パターンその1:白紙から全部自分でやりたい人

f:id:acco-contents:20220303225550p:plain

Canvaホーム画面、左上の「デザイン作成」をクリック

 

 

f:id:acco-contents:20220303225936p:plain

「カスタムサイズ」をクリック

 

 

f:id:acco-contents:20220303230754p:plain

1.先に「px」を「in」に変える。

2.幅「6」高さ「9」を入力する。

3.「新しいデザインを作成」。

 

f:id:acco-contents:20220303231029p:plain

白紙から表紙がつくれます。

 

注意:左の方に出てくるテンプレートは、「本」のテンプレートとはちがいます。

レポート? チラシ?

 

 

パターンその2:テンプレでつくりたい人

f:id:acco-contents:20220303232240p:plain

1.「その他」をクリック ←※使用頻度が高い人は、「おすすめ」でも出てきます。

2.「本の表紙」をクリック

 

f:id:acco-contents:20220303232643p:plain

好きなテンプレートを選んでクリック

 

 

f:id:acco-contents:20220303232957p:plain

「サイズを変更」をクリック

 

 

f:id:acco-contents:20220303234158p:plain

1.チェックを入れる

2.「in」に変更

3.幅「6」高さ「9」を入力

4.カギマークをロック

5.「コピーとサイズ変更」をクリック

 

 

f:id:acco-contents:20220303235131p:plain

別ウィンドウが開く。

念のため、サイズの確認とロックをする。

そのウィンドウで作業の続きを、ドウゾ!

 

 

※この新しいウィンドウでは、テンプレートが白紙のときと同じ、チラシ?みたいな方のテンプレートになっています。

もしもデザインを変えたい場合には、先ほどの「本」のシートに戻ると、「本」のデザインが選択できます。

 

 

明日に向かって♪

f:id:acco-contents:20220304001101p:plain

 


以前、私のペーパーバックの記事が、ルーマニアのデジタル図書館でリンクしていただいているお話をしました。

 

サチコが教えてくれました。 - 電子書籍をつくるブログ

 

 

ルーマニアにも、私と同じように、ペーパーバックや電子書籍を、がんばっている仲間がいるんだなー!

と思うと、とっても嬉しいです!

 

 

そのルーマニアは、ウクライナのとなりの国です。

 

不安な毎日が続いていることと思います。

悲しい思いをしている人もいるかもしれません。

 

私にできることは何なのか。

 

ブログの記事を書く。

明日に向かって前進する。

遠くの国のともだちも一緒に。

 

これなら、私にもみんなにもできることです。

気持ちが届いたら嬉しいナー!

がんばろうネ!

 

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。

f:id:acco-contents:20220211182804p:plain

ではまた!

あっこでした。