電子書籍をつくるブログ

ゼロからつくる!副業ブログのためのKindle本!特化型Kindle出版!

【電子書籍】ザ!シンプル。ライティングスキルを上げる方法。

f:id:acco-contents:20211129231004p:plain

 

電子書籍を自分で作って出版したい!

でも、勇気が出ない人を優しく応援している、あっこです。

 

「ライティングスキルがないからムリ!」

という人のことも応援しています。

 

「ムリ。難しそう。」

を、

「むしろ今すべきだね! 今日もライティングしよっかナー。」

に、変えてみませんか?

 

ナカナカ勇気が出ない人のお役に立てれたら嬉しいです。

 

そもそも「ライティング」って。

f:id:acco-contents:20211129224912p:plain

「ライティングスキル」って言葉、何か、カッコいいですよね。

私は以前、「ライティング」っていうものは、

何か特殊な、選ばれし者の、特別な技術なんだと思っていました。

 

「ライティングって何だろう?」

 

わからないことがあると、すぐWikipediaで調べたがる私は、

やはりこの「ライティング」もウィキりました。

 

「書くこと。」

f:id:acco-contents:20211129223758p:plain

                         (ウィキペディアより参照)

 

えっ?

 

それだけ??

 

すごくアッサリしている内容に、拍子抜けしました。笑

 

あっ、ちなみに、今回の「ライティング」は、照明の方じゃないヤツです。

ご注意くださいネ。

 

 

「ライティング」という言葉に、

「WEB」、「コピー」、「ブログ」、「セールス」、「SEO」などの言葉がくっつくと、

それぞれの意味がだいぶちがったり、専門性を帯びてきます。

 

つまり、

「ライティング」

だけだと、

「書くこと」

という、シンプルなものだった!

 

ということを、ウィキペディアから教えてもらいました。

 

 

「書くこと」

だったら、すぐできそうですよネ。

 

それは、

「ライティングは、すぐできる。」

f:id:acco-contents:20211129231206p:plain

 

言い換えると、そういうことになりますよネ。

そうです。

ライティングはすぐに始めることができます。

 

というより、

普段、メールやSNSをしている人にとっては、

当たり前のようにしている習慣のひとつです。

すでに毎日ライティングをしていたのです。

 

ライティングの力をつける方法

f:id:acco-contents:20211129233340p:plain

そんな、ライティング。

 

「読みたい!」と思ってもらえる電子書籍をつくるためには、

ある程度の文章の長さや、構成、バランスなども必要になってきますが、

 

amazonで出版するKindle本には

文章の長さや、文章構成などについての制約はありません。

自由です。

 

まずはこれをやってみませんか?

 

「書くことをする」

f:id:acco-contents:20211129235824p:plain

 

とにかく書く。

それが必要不可欠の、

基本中の基本の

スキルアップの方法です。

 

書くことを続けることで、長文にも慣れていきます。

また、自分の文章の個性を発見することもできます。

タイピングの速度もあがります。

得意なもの、苦手なものや、楽しくサクサク書けれるテーマや環境を見つけたり、

 

良いことばかりです。

 

「WEBライティングの場合には、PREP法。」

など、いろいろな目的やニーズに合わせた手法が多数ありますが、

 

「自分らしさ」や「個性」は、自分で自分の中を、

探して磨くしかありません。

 

基礎になる力は本当に大切ですよネ。

 

ライティングスキルを身につけたかったら、

まずは、

 

「書くことをする」

です。

 

シンプルに「書く」。

f:id:acco-contents:20211129234903p:plain

ウィキペディアは、

 

「ライティング」というカッコいいキーワードに

ハードルを感じたり、

アレルギー反応が出ていた人にも

 

親切に教えてくれました。

 

さすがです。笑

 

ウィキペディアの教えを素直に聞いて、

まずは

 

「書くこと」

 

コレをやっていきましょう。

続けていくと、

絶対良いコトありますヨ!

 

 

 

今日も読んでいただき、ありがとうございました。

f:id:acco-contents:20211126151102p:plain

ではまた!

あっこでした。